2メートル越えの長身、秋広優人は大谷翔平の打撃を彷彿

 巨人には2022年、期待の持てる若武者たちが多くいる。2021年はリーグ3連覇を逃し、目立った新戦力の台頭は初の規定打席に到達した松原聖弥外野手くらいだった。野手だけでなく、投手陣にもチャンスがある2022年。ドラ1右腕や、将来の4番候補、坂本勇人内野手の後継者など活躍が期待される若手をピックアップしたい。(2022年の満年齢)

○秋広優人内野手(2年目・20歳)
 ルーキーイヤーの今年は高卒ながら1軍キャンプに参加するなど、話題となった左の大砲。身長202センチの大きな体から、エンゼルス・大谷翔平投手を彷彿とさせる豪快な打撃が魅力。ファームでは4番を任されるなど実戦を積んだ。イースタン・リーグでは打率.229、8本塁打、26打点とプロの壁にぶつかったが、外野手にも挑戦するなど幅を広げることができた。岡本和とクリーンアップを組めるスラッガーになれる逸材だ。

○中山礼都内野手(2年目・20歳)
 秋広と同期、右投左打の内野手でポスト坂本勇人に挙げられる遊撃手。イースタン・リーグでは打率.309、12打点、0本塁打。巨人での1軍定着を目指すならば、2022年シーズンはパンチ力アップも課題となる。中京大中京高時代は1年夏からベンチ入りするなど、世代トップのショートだった。守備ではハンドリングのうまさに定評があり、球団や首脳陣からも大きな期待が寄せられている。

○菊田拡和内野手(3年目・21歳)
 常総学院高(茨城)時代は通算58本塁打を放った右の大砲。イースタン・リーグでは、59試合に出場し、打率.271をマーク。エキシビションマッチは1軍にも帯同。安打こそなかったが、経験を積むことができた。本職は三塁手だが、秋季練習ではチャンスを広げるため、外野の練習も取り組んでいる。後輩の秋広とともに、将来の主軸候補としても名前が挙がる。

投手には奥川、佐々木に負けない同世代ドラ1や先発ローテ候補も…

○堀田賢慎投手(3年目・21歳)
 2019年のドラフト1位右腕が、来季、注目を浴びる一年になるだろう。2020年にトミー・ジョン手術を行い、リハビリを続けてきた。2021年8月に実戦復帰し、自己最速155キロにまで球速がアップした。黙々とリハビリを行い、同じ手術を受けたことのあるダルビッシュ有投手(パドレス)、大谷翔平投手(エンゼルス)の術後の経過なども頭に入れ、痛みと付き合ってきた。同学年で同じドラフト1位の奥川(ヤクルト)、佐々木朗(ロッテ)、宮城(オリックス)らにもひけをとらないほどの能力を秘めている。

○山崎伊織投手(2年目・24歳)
 2020年6月にトミー・ジョン手術を受けたが、同年ドラフト2位で東海大から入団。2021年は実戦登板はなかったが、順調にリハビリは進んでおり、2022年シーズンは戦力として数えられそうだ。最速153キロの直球が武器の本格派右腕で、侍ジャパン大学日本代表にも選ばれるなど、期待の先発ローテ候補。大学の先輩でもあるエース・菅野智之投手がかつて付けていた背番号19が1軍のマウンドに立つ日も近い。

○戸田懐生投手(2年目・22歳)
 四国アイランドリーグの徳島から昨年の育成ドラフト7位で入団。今年6月に支配下登録されると、1軍では救援で3試合に登板。防御率は0.00だった。イースタン・リーグでは主に先発として18登板で8勝1敗、防御率3.30の好成績を残した。打者に向かっていく闘争心あふれる投球が持ち味で先発でも中継ぎでも期待ができる。

 1軍の公式戦に出場したメンバーは多くないが、高い能力を持つ選手が牙を研ぐ。だが、巨人は育成と常勝が求められるチームとあり、他球団に比べると1軍定着への道は厳しいかもしれない。リーグの覇権を奪回するためにも若手の底上げは急務。戦力の台頭を期待したい。(Full-Count編集部)