杉谷に新庄監督から出演禁止令「みんなを笑顔にする前に自分が心から笑顔に」

 日本ハムの杉谷拳士内野手が、テレビ朝日系「スポーツ王は俺だ!!」の人気コーナー「リアル野球BAN」へ熱い思いと共に今季の活躍を誓った。今オフのバラエティー番組出演を禁止したBIGBOSSこと新庄剛志監督、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明氏への思いを激白。チーム一新となった今季へ「チームの先頭に立って引っ張っていきたい」「死に物狂いでチャンスを掴みにいきたい」と意気込みを語った。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 野球ファンの皆様、新年明けましておめでとうございます! 北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士です。このオフは例年以上にトレーニングを積めていますし、何より新庄さんから「期待しているよ」と話をして頂いて。何が何でもやってやろうという気持ちです。新年の決意表明がマジメすぎる? そりゃマジメですよ。みんな見ているんですもん。

 新庄さんが監督に就任しました。就任されてからインスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)をいただきました。どんな内容か言いたいところなんですけど、今シーズン頑張るための言葉がたくさん。新庄さんが野球選手・杉谷について思っていることで、こんなの言われたら頑張るしかない。「期待してるよ杉下君」とインスタグラムに書かれてましたけど、めちゃくちゃ僕を見てくれているんだなと。具体的な内容は1年間戦ってみて、「あの時、こういう言葉があったから頑張れました」と言えるようにしたいですね。

 そもそもファイターズに入りたいと思ったのは新庄さんがいたからです。帝京高先輩の森本稀哲さんと新庄さんが楽しそうに野球をやっている姿をずっと見てきて、ファイターズっていい球団だなと思って。(2008年に)入団テストを受けたのは、どうしても入りたかったからです。帝京高の前田監督も「拳士! おまえはファイターズだ」と。その新庄さんが監督になられて新しいチャンスがある。今年は死に物狂いでチャンスを掴みにいきます。

 楽しみにしていた正月のリアル野球BANを今年は欠場します。新庄さんが監督に就任されて、いろんな話をさせてもらいました。その中で、この成績では(54試合出場、打率.117、2本塁打、9打点、2盗塁)。今シーズンはもっとやらないといけないことは分かっていましたし、新庄さんからも「みんなを笑顔にする前に自分が心から笑顔になれるように」と話もいただいた。やっぱり本職は野球なので、そこは間違えないようにしたいです。

石橋貴明さんは「いろんな可能性を探ってくれた。もう感謝の気持ちしかないです」

 貴明さんには「2022年は立場が上になるので、勝負の年にしたい」と話をさせてもらいました。貴明さんから収録前後に連絡を頂いて、収録後にお会いすることもあったんですが、そこで(野球BANの内容)全部言うんですよ。放送当日を本当に楽しみにしていたのに……。でも番組は自主トレ先から見たいと思っています。

 野球BANは小さい時から見ていて、野球選手になったら絶対に出たい、貴明さんと野球をやりたい思いがありました。本当に大好きな先輩です。初めてお会いしたのは札幌ドームで野球BANを収録されている時でした。一言二言でしたが、「うわぁ石橋貴明さんだ」と。テレビの印象のままで、それは今もずっと変わりません。

 貴明さんのスポーツ選手に対するリスペクトは物凄いです。スポーツを愛していて、知識も豊富。打撃練習の時も「やっぱすげぇな。バットの出方が違うもんな」と野球少年のような顔で専門的な話をしています。「ギータはすごいね。体の回転で分かるもんね」とも。本当に好きなんだなと。シーズン中もファームに落ちた時に「怪我か?」と連絡をもらったり、何かと気にかけてくれています。お会いする度に、貴明さんぐらい勉強しないと、もっともっと野球を愛さないと、という気持ちになりますね。

 リアル野球BANに出るようになってから「野球芸人」「お笑いが本業で野球選手は副業」という声も聞きます。でも、僕は何とも思ってなくて。なんでそんな言い方をするか、と思ったこともないです。何より僕がきっかけで子どもたちが野球を始めてくれれば。そうなってくれれば嬉しいですし、ありがたいです。貴明さんは初めてお会いした時から物凄く優しく接してくれて、いろんな可能性を探ってくれたというか。もう感謝の気持ちしかないですよね。

 貴明さんから「やっぱ杉谷がいないとダメだ。杉谷とゴル兄(ゴルゴ松本)の1、2番がいいんだよ」と言っていました。誰よりもゴルゴさんが一番寂しそうにしていたと。嬉しかったですね。正直、リアル野球BANだけは出たかったですけど、2022年は野球で成績を残して。まずは自分を笑顔にして、皆さんを笑顔にできるように。……あれ、いい感じで締まりましたね。今年もよろしくお願いします!(杉谷拳士 / Kenshi Sugiya)