京都国際・森下、近江・山田は2年生エースとして夏の甲子園4強

 2022年が幕を開けた。今秋のプロ野球ドラフト会議まではまだ時間があるが、すでに上位での指名が期待される選手が各地にいる。アマチュア界の注目選手12人をFull-Count編集部でリストアップしてみた。

【高校生】
・森下瑠大(京都国際)
・山田陽翔(近江)
・田中晴也(日本文理)
・大野稼頭央(大島)
・浅野翔吾(高松商)

 高校生からは、投手4人、打者1人を選んだ。京都国際高の森下、滋賀・近江高の山田はともに昨夏の甲子園でエースとしてベスト4に進出。野手としての評価も高い。また新潟・日本文理の田中も、最速148キロの本格派投手として注目を浴びている。

 昨秋大会で成長を見せたのが、鹿児島・大島高の大野だ。奄美大島で生まれ育った最速146キロ左腕は、九州大会で3完投とフル回転して準優勝に貢献。選抜出場を確実にした。

 打者の有望株は、香川・高松商の浅野だ。夏の甲子園では、優勝した智弁和歌山のエース・中西聖輝から左翼席に本塁打を放った。12月にはマリナーズのイチロー氏(会長付特別補佐兼インストラクター)から直接指導も受けた。

 他にも岩手・盛岡中央高の149キロ右腕・齋藤響介投手や、身長170センチと小柄ながら昨夏の鳥取大会で5本塁打を記録した鳥取・米子東高の太田舷暉外野手らも面白い存在だ。

日体大・矢澤は投打で評価が高い二刀流

【大学生】
・矢澤宏太(日体大)
・蛭間拓哉(早大)
・山田健太(立大)
・森下翔大(中大)

 大学生では、二刀流の日体大・矢澤だろう。首都大学リーグでは、2年秋に外野手としてベストナインを獲得。3年春から「4番・投手」として出場する機会も多く、投手としては最速150キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に、三振の山を築く。本人は「投手でも野手でもドラフト1位の評価をされるように」と二刀流に意欲を燃やしている。

 東京六大学からは、早大・蛭間と立大・山田を選出した。蛭間はリーグ戦通算10本塁打の外野手。大型二塁手の山田は、大阪桐蔭高2年時の選抜で優勝を経験。立大では1年秋にベストナインなど活躍している。ともに大学日本代表候補に選ばれた。

 中大の森下も高校時代から注目されていたスラッガーだ。神奈川・東海大相模高では、通算57本塁打。大学でも1年春から右翼でレギュラーを掴んでいる。

【社会人】
・河野佳(大阪ガス)
・片山皓心(Honda)
・益田武尚(東京ガス)

 社会人でドラフト上位といわれているのが、大阪ガス・河野だ。広島・広陵高から入部した“佐々木朗希世代”の右腕は、7月の日本選手権で4試合に登板して無失点。チームの優勝に貢献し、MVPを獲得した。都市対抗でも初戦の伏木海陸運送戦で完封勝利を収めた。

 遅咲きの左腕・Hondaの片山にも期待が懸かる。茨城・日立一高時代は、控え投手だったが、桐蔭横浜大で急成長。最速148キロの直球を武器に、ドラフト上位候補まで上り詰めた。東京ガスの益田は、都市対抗では左脇腹を痛めて1球で降板するアクシデントがあったが、最速153キロの本格派右腕だ。(Full-Count編集部)