広島・森下暢仁&日本ハム・伊藤大海は東京五輪の金メダル獲得にも貢献

 2022年は「寅年」。プロ野球界でも、1998年生まれと、1986年生まれの選手が“年男”になる。36歳を迎える選手たちは大ベテランの域に入っていく一方、24歳となる選手の中には大きく飛躍するケースも。近年を見ても「年男」たちがその年の球界で活躍している。

「丑年」の2021年は1985年生まれのロッテ・荻野貴司外野手が大活躍した。プロ12年目にして初の全試合出場を果たし、自身初のタイトルとなる最多安打(169安打)と盗塁王(24個)に輝き、2度目のゴールデングラブ賞も受賞した。これまで度重なる怪我に見舞われてきたが、2021年は全試合に1番で先発出場。打席数643はリーグ1位、打率.296は同6位、86得点は同2位と、リードオフマンとしてチームを牽引した。

 日本ハム・宮西尚生投手は入団から14年連続となる50試合登板を果たし、15ホールドをマーク。歴代1位のホールド数を373とした。中日・大島洋平外野手は141試合出場で打率.292、160安打をマーク。4年連続9度目のゴールデングラブ賞を受賞した。

 一回り若い1998年生まれでは投手の奮闘が目立った。2020年に新人王に輝いた広島・森下暢仁投手は8勝をマーク。侍ジャパン日本代表として東京五輪の金メダル獲得に貢献した。日本ハムのドラフト1位・伊藤大海投手も日本代表として五輪金メダルを獲得し、シーズンでは10勝をマーク。パ・リーグ新人特別賞を受賞した。

 巨人・高橋優貴投手は入団3年目で初の2桁となる11勝をマーク。初の開幕投手を務めた西武・高橋光成投手はリーグ2位の173回2/3を投げて自己最多の11勝を挙げた。ヤクルト・高橋奎二投手はシーズン4勝ながら終盤に状態を上げ、オリックスとの日本シリーズ第2戦で完封勝利を飾り、優秀選手賞を受賞した。

2020年はソフトバンク・周東佑京がブレーク、2019年は西武・森友哉がMVP

「子年」の2020年は1996年生まれの選手が台頭。ソフトバンク・周東佑京内野手は50盗塁で、史上初の育成出身での盗塁王になった。栗原陵矢捕手は巨人との日本シリーズでMVPに輝いた。巨人・岡本和真内野手は自身初の本塁打王と打点王のタイトルを獲得。2021年も2冠を手にし、押しも押されもせぬ巨人の4番となった。

「亥年」の2019年は、1995年生まれの選手が活躍。西武・森友哉捕手は打率.329で首位打者を獲得。リーグ連覇の立役者としてMVPにも輝いた。ソフトバンク・高橋礼投手は12勝を挙げて新人王に。楽天の松井裕樹投手は38セーブで、最多セーブを獲得した。オリックス・山岡泰輔投手は13勝4敗で勝率1位のタイトルを得た。さらに1983年生まれの西武・中村剛也内野手は123打点で自身4度目の打点王になっている。

 では今年、「寅年」に活躍が期待される年男は誰か――。その筆頭格と言えそうなのが、オリックス・山本由伸投手だ。2021年は18勝5敗、206奪三振、勝率.783、防御率2.05でこれらのタイトルを総なめ。沢村賞とシーズンMVPに選出され、ベストナイン&ゴールデングラブ賞も受賞した。6年目の2022年は、2013年に24勝無敗の無双投球を見せた楽天・田中将大投手以来、9年ぶりの20勝到達にも期待がかかる。

 他に投手ではルーキーイヤーの2021年に9勝を挙げた楽天・早川隆久、初めて規定投球回に達して8勝の西武・今井達也、最優秀中継ぎのタイトルを手にした日本ハム・堀瑞輝らがいる。野手ではセ2位の打率.315をマークした広島・坂倉将吾捕手、ルーキーながら同3位の.314を記録したDeNA・牧秀悟内野手らがさらなる飛躍を期す。

 1986年生まれでは、楽天・涌井秀章投手、ロッテ・美馬学投手は2021年、いずれも6勝どまり。先発ローテを死守できるか注目のシーズンとなる。巨人移籍2年目の井納翔一投手は正念場だろう。メジャーリーグではダルビッシュ有投手がパドレス移籍2年目を迎える。メジャーリーグを経て2021年シーズンを台湾プロ野球の味全ドラゴンズに所属し、30セーブをマークした田澤純一投手も年男だ。(Full-Count編集部)