「日本を代表する打者になると思いますし、なってもらわないと困ります」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が12日、佐賀・嬉野市内で行っている自主トレを報道陣に公開した。今年からは日本ハムの清宮幸太郎内野手が参加。今季がプロ入り5年目となる22歳の活躍に太鼓判を押すと共に、打率3割1分か30本塁打をノルマに設定し、達成の暁にはご褒美を約束した。

 昨年から嬉野市内で行っている柳田の自主トレ。例年通りソフトバンクからは真砂勇介外野手、谷川原健太捕手が、ロッテからは安田尚憲内野手、西武からは戸川大輔外野手が参加。清宮は今年から「チームギータ」に加わり、共に汗を流している。この日はキャッチボールやノック、打撃練習、ウエートトレーニングなどに励んだ。

 今季から“弟子入り”した清宮と打撃についてだけでなく、さまざまな話をしていると言う柳田。22歳の若武者について「去年の本塁打とかも見ましたけど、余裕でいけると思っています。自分で考えながらやってますし、自分を信じてやって欲しいし、それができれば自ずと結果はついてくると思います」と、そのポテンシャルに太鼓判を押す。昨年から参加している安田と共に「日本を代表する打者になると思いますし、なってもらわないと困ります」と期待した。

 そんな清宮に対しては、安田とともに“ノルマ”を設定。「3割1分か30発かどっちかです。ご褒美は色々考えながらになりますけど、そこがラインかなと思います。いけるでしょ、清宮ですよ、安田ですよ、いけるでしょ」。後輩の真砂らには目標達成で時計プレゼントを約束しており、それと同様のご褒美もありそう。球界を背負って立つべき存在と柳田が認める清宮と安田。この自主トレがブレークのキッカケになるか。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)