山本由伸は23歳にして12球団でナンバーワンの貢献度

 2022年のプロ野球のキャンプインまで、あと3週間を切った。新たなシーズンはどんな若い力が台頭してくるか、開幕を待ち遠しく思うファンも多いはず。では、日本野球界の未来を担うべき、若い力はどれだけいるのか? ここでは次世代の“侍ジャパン候補”とも言うべき「25歳以下」に限定し、ベストナインを選出。錚々たる顔ぶれが、そこには並ぶことになった。

 選出には「そのポジションの平均以下の代替可能選手に比べて、どれだけ勝利数を上積みしたか」を統計的に推計した指標とされるセイバーメトリクスの指標「WAR」を用いた。これは、より数値が大きいほど、勝利への貢献度が大きいとされる。指標を用いて分析を行う株式会社DELTAのデータを参照した。

 各球団にいる若くしてチームに貢献している選手の中でもピカイチの成績を残しているのが、投手ではオリックスの山本由伸投手、野手ではヤクルトの村上宗隆内野手だ。昨季投手4冠に輝いた山本の「WAR」は8.6。全世代の投手でもナンバーワンの貢献度を示している。村上も6.8と高く、これは全世代の野手でも鈴木誠也外野手、森友哉捕手、柳田悠岐外野手に続く4番目に高い数値。山本と村上が、今後の球界で投打の軸となるべき存在と言える。

三塁は2冠王の岡本和よりもヤクルト村上、オリックス宗が上回る

 野手で村上に続く数値だったのはソフトバンクの栗原陵矢外野手とDeNAの牧秀悟内野手。栗原は東京五輪の代表にも選ばれ、牧も打率.314、22本塁打と好成績を残した。捕手は広島の坂倉将吾捕手、中堅は楽天の辰己涼介外野手に。遊撃の中野拓夢内野手、右翼の佐藤輝明内野手と阪神のルーキー2人も名を連ねた。

 三塁はオリックスの宗佑磨内野手に。「WAR」は12球団の野手で20番目に高い4.0をマークした。三塁は村上、そして本塁打と打点の2冠に輝いた巨人の岡本和真内野手もいるが、岡本和のWARは2人よりも低い3.0に。村上を一塁に、宗を三塁に回して選出、岡本和は選外となった。

 救援投手では西武の守護神である平良海馬投手がトップに。リリーフは低くなる傾向のある「WAR」は2.0だった。投手では山本と平良が選出となったが、野手以上に夢いっぱいの顔ぶれだ。2人以外にも先発で日本ハムの伊藤大海投手やオリックスの宮城大弥投手、楽天の早川隆久投手、ヤクルトの奥川恭伸投手、救援でも広島の栗林良吏投手やヤクルトの清水昇投手といった面々もいる。

 それぞれが昨季チームの中心として活躍した選手たちばかり。今季も昨季に続いて大活躍してくれることに期待しつつ、また新たな“新星”の登場も期待したい。(Full-Count編集部 データ提供:DELTA)

データ提供:DELTA
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1〜3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。