阪神の高橋は投手指標ではオリックス山本に優っている

 プロ野球のキャンプインまであと3週間を切った。選手たちは現在、自主トレの真っ只中。己の課題に向き合い、来たるキャンプまでに少しでもレベルアップを図ろうと、自らの肉体をいじめているところだ。

 まもなくやってくる2022年シーズンで“大ブレーク”の可能性がありそうな若手は誰か? 昨年残した成績やデータから、その可能性が高そうな“ブレーク候補”をピックアップしてみよう。データはセイバーメトリクスの指標などで分析を行う株式会社DELTAのデータを用いた。

 阪神には今季、タイトル獲得やエース級の働きが期待できそうな投手がいる。それが5年目の左腕・高橋遥人投手だ。すでに1軍で44試合に登板し、14勝をマークしているものの、最高は2020年の5勝。昨季は故障のため、初先発は9月9日のヤクルト戦。そこから7試合に投げて4勝2敗、防御率1.65の好成績を残した。

 投手の能力を測る指標に「K-BB%」というものがある。三振を多く奪い、四球が少ないことは優れた投手の条件の1つ。高橋はこの「K-BB%」で昨季、27.6%という数値を叩き出している。いまや球界最高の投手となったオリックスの山本由伸投手でさえ22.6%で、これを遥かに上回る。守備から独立した失点率を示す「tRA」も山本の1.73を上回る1.18。シーズンを通して活躍できれば、タイトルを取れるだけのポテンシャルを秘める。

 また、先発ではロッテの佐々木朗希投手、ヤクルトの奥川恭伸投手も、今季はさらに活躍する可能性が高い。共に登板間隔を空けての先発だったため、試合数、勝利数などは増えなかったが、佐々木朗の「K-BB%」は20.2%で20イニング超を投げた投手で14位。奥川も19.6%で16位とどちらも高水準にある。先発投手では高橋、山本に次ぐ数値で、2人も来季はエース級の働きに期待したい。

ソフトバンクの津森は勝利の方程式に入ってもおかしくない投手

 リリーフで注目したいのはソフトバンクの津森宥紀投手。昨季は中継ぎで45試合に登板し、1勝0敗11ホールド、防御率2.18の成績を残した。津森の「K-BB%」は26.5%で20イニング以上投げた投手の中で3位。広島の栗林良吏やロッテの益田直也、元阪神のロベルト・スアレスといった各球団の守護神よりも上だ。「tRA」でも1.88と西武の平良海馬と遜色ない数字で、チームのセットアッパーであるモイネロや森唯斗よりも優れている。勝利の方程式に食い込んできてもおかしくない能力を秘めた投手だ。

 打者では、昨季台頭した広島の坂倉将吾捕手のさらなるブレークに期待したい。昨季132試合でリーグ2位の打率.315、12本塁打68打点をマーク。OPSは.857を記録し、DeNAの佐野恵太外野手や巨人の坂本勇人内野手、楽天の浅村栄斗内野手といった名だたる強打者を上回った。球界屈指の打者となれる可能性を秘めるだけに、昨季以上の“大ブレーク”に期待だ。

 ソフトバンクのリチャード内野手も楽しみな存在。昨季は34試合で7本塁打を放って“プチブレーク”。確実性には乏しいものの、打者の純粋な長打力を表す指標「ISO」は50打席以上立った打者の中で両リーグで10位の.238。先輩の柳田悠岐や同郷の山川穂高内野手らに匹敵する数字だ。確実性という面では課題はあるが、球界屈指の長距離砲となる可能性を秘めている。

 まだ、実績的には乏しくとも、指標の上では球界屈指の能力の高さを示している上記の選手たち。このほかにも期待の若手はまだまだいるはず。そんな若武者たちの台頭を楽しみに、新たなシーズンを待ちたいものだ。(Full-Count編集部 データ提供:DELTA)

データ提供:DELTA
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1〜3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。