中日・小笠原は昨季8勝、ロッテ・平沢は2年間1軍出場機会なし

 早実の1年生・清宮幸太郎が甲子園を沸かせた2015年の高校野球。夏の甲子園直後に日本で行われた「第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」で、日本代表は決勝戦で米国に惜敗、初優勝はならなかったが、多くの有望株が躍動した。それから7年。当時日本代表のユニホームを着て戦った20選手は今、どうなっているのだろうか。

 20人中、プロの世界に飛び込んだのは14人。その中で最も実績を残しているのは広島・森下暢仁(大分商)だろう。明大を経て2019年ドラフト1位で広島に入団し、1年目に10勝、防御率1.91をマークして新人王を受賞。2年目の昨年もローテの中心で8勝を挙げた他、侍ジャパン日本代表として東京五輪金メダル獲得にも貢献した。

 夏の甲子園優勝投手の中日・小笠原慎之介(東海大相模高)は2015年ドラフト1位で入団し、昨季初めて規定投球回に到達して8勝を挙げた。一方、同年のドラフトで3球団が競合したソフトバンク・高橋純平(県岐阜商)は昨季、右手骨折の影響で10試合登板にとどまった。この大会で最優秀投手に選出された佐藤世那(仙台育英高)はオリックスにドラフト6位入団も、在籍3年で戦力外通告を受けた。

 2015年ドラフトで1位指名された野手はロッテ・平沢大河(仙台育英高)と楽天・オコエ瑠偉(関東第一高)の2人。平沢は2018年の112試合出場をピークに、この2年間は1軍出場機会がない。オコエは昨年2月の左手首手術から復帰して42試合に出場。2人とも今季が正念場か。この大会で1年生ながら4番を任された清宮は、2017年ドラフト1位で日本ハムに入団。昨年初めて1軍出場機会がなかった。

 広島・宇草孔基(常総学院高→法大)は昨季終盤に1番に定着。この大会で打点王と首位打者に輝いた勝俣翔貴(東海大菅生高)は国際武道大を経てオリックスにドラフト5位入団も昨年オフに戦力外通告を受け、今季は巨人と育成契約を結んだ。豊田寛(東海大相模高)は国際武道大、日立製作所を経て、昨年のドラフトで阪神から6位指名を受け、満を持してプロの門を叩く。(Full-Count編集部)