田澤と類似? 母国でプロ入りするにはドラフト指名が必要

 昨季限りで巨人を退団した陽岱鋼外野手の去就が、未定のままとなっている。17日には35歳の誕生日を迎え、自身のインスタグラムには台湾での日常を綴っている。NPBで通算1164安打、ゴールデングラブ賞4度という実績を残してきたスター選手はどこへ向かうのか。生まれ育った台湾にもプロ野球はあるものの、そこでプレーするまでにはどうしても時間がかかるシステムとなっている。

 台湾・台東出身の陽は福岡第一高へ野球留学し、そこから2005年の高校生ドラフト1巡目で日本ハムに入団した。台湾プロ野球(CPBL)を経ずに海外へ出たため、台湾プロ野球でプレーするにはドラフトを経る必要がある。日本でいえば、当時の新日本石油ENEOSからNPBドラフトを拒否してレッドソックスと契約した田澤純一投手(昨季は台湾・味全でプレー)に近い状況と言えるかもしれない。

 さらに台湾のドラフト会議は近年、6月末から7月上旬にかけてのシーズン中に行われており、日本や米国球界から故郷のプロ野球を目指す台湾人選手にとっては、タイムラグが避けられない。台湾ではアマチュアチームから直接日本や米国球界に挑戦する選手が多く、同じような境遇に置かれた選手はこれまでにも多数存在する。

 昨オフは陳冠宇(チェン・グァンユウ)投手がそうだった。2020年限りでロッテを退団。国立体育大から台湾プロ野球を経ずに2010年にDeNAへ入団、そのまま日本球界でプレーしていたため、台湾プロ入りするにはドラフト指名を受ける必要があった。

 陳冠宇はまず社会人チームの「安永鮮物」でプレーし、6月にはプロの楽天モンキーズと練習生契約。7月12日のドラフトで1位指名を受け、支配下契約を結んだ。後半戦は1軍21試合に登板したものの、1勝5敗に終わっている。

かつては年末のドラフトで指名され、スムーズに台湾プロ野球入りのケースも

 かつて、ドラフト会議は日本と同じく秋に行われていたため、タイムラグは生じなかった。2013年オフに阪神を退団した林威助外野手のケースがそうだ。

 林威助は柳川高(福岡)、近大と日本へ野球留学ののち、2002年のドラフトで阪神の7位指名を受けてNPB入り。2013年オフに戦力外通告を受けると、日本での現役続行を目指して12球団合同トライアウトを受けた。ただ獲得に名乗りをあげる球団はなく、11月に行われた台湾プロ野球のドラフトで中信兄弟に3位指名され入団した。4年間プレーした後に現役引退し、昨季からは中信兄弟の監督を務めている。

 陽岱鋼は2016年終了後に日本ハムからFA宣言し、巨人と5年契約を結んだ。その契約が満了したこのオフ、本人の希望もあり自由契約となって退団。昨季、1軍ではわずか7試合出場に終わったものの、台湾ではまさにスーパースター。言動やファッションまでも社会に注目される存在だ。台湾メディアは米国に渡り、独立リーグやマイナーリーグでプレーする可能性も報じている。日本にも多くのファンを抱える陽岱鋼の躍動を、次にみられるのはどこになるのだろうか。(Full-Count編集部)