伊藤大海は先頭打者を計測不能の超スローボールで左飛に仕留めた

■日本ハム 12ー5 ソフトバンク(22日・札幌ドーム)

 日本ハムの伊藤大海投手が投じた“計測不能”の魔球がファンの注目を集めている。動画を目にしたファンからは「本当に器用だよな」「センスの塊」「もうダルビッシュみたいや」「何だこのスローボールは……」と驚きのコメントが集まった。

 22日のソフトバンク戦の初回、先頭の三森に粘られた伊藤は7球目、ふわっと浮き上がるスローカーブを投げた。しっかりストライクゾーンに向かったもものの、投球が遅すぎるのか、軌道が独特すぎるのかスピードガンの表示は出ず。三森は何とか待ってバットに当てたが結果は左飛となった。

 この場面をパーソル パ・リーグTVが「【測定不能】伊藤大海『今季最遅!? 超・超・超スローカーブ』」と題して公式YouTubeで紹介。ファンからは「プロ2年目にして引き出しの多さがすごい」「しっかり腕振れてるから余計にすごい」「ただ遅いだけじゃなくて、コースが絶妙!」と賛辞が集まった。さらに「多田野を思い出す」と、かつて高々と投げるスローボールが話題となった多田野数人・2軍投手コーチになぞらえる声、「タイミングの取り方マジで天才的」と、当てた三森を称える声もあった。(Full-Count編集部)