新型コロナから復帰の青柳、西勇が「先発ローテ表裏の軸」

 このまま沈みゆくだけなのか――。開幕から1か月が経ち、阪神は26戦を終えて5勝20敗1分で“借金15”。首位・巨人には12.5ゲーム、5位のDeNAにさえ6ゲームの大差をつけられ、下位に低迷している。それでも、現役時代に阪神、ヤクルトなど4球団で21年間捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏は「どん底は脱しつつある」と強調。浮上の兆しを見出し、巻き返しの条件を挙げた。

 いきなり開幕9連敗を喫して不名誉なセ・リーグ記録を更新し、苦しいシーズンが始まった。しかし20敗中、1点差負けが半数の10を占め、2点差も3試合。無残な大敗を喫しているわけではない。最近9試合に限れば、4勝5敗とそこそこ健闘。最近4試合で6盗塁と量産し、今季チーム盗塁数はリーグ最多で唯一2桁の14に上っている。野口氏が「だいぶ落ち着いて、普通に戦える状態。大型連敗中と違い、作戦にも動きが出てきました」と評するゆえんだ。

 いったん開幕投手に指名されながら、新型コロナウイルスに感染して回避した青柳晃洋投手は15日の巨人戦で戦列復帰すると、以降は2戦2勝、防御率0.53と安定。西勇輝投手も今季4試合で1勝1敗ながら、リーグ2位の防御率2.00をマークしている。野口氏は「先発ローテの表裏に1本ずつ軸ができたのは大きい」とうなずく。

 果たして、ここから順位を上げていくことは可能なのか。野口氏は「現在やむなくクローザーを務めている岩崎(優投手)を、本来のセットアッパーへ戻せるかどうかが、第1の鍵だと思います」と見る。岩崎自身は今季8試合に登板して4ホールド2セーブ、防御率1.23と申し分ない成績を残しているが、一方で7、8回を担う投手が決まらない。

藤浪、伊藤将、秋山…「3人が万全の状態で戻ってくることも不可欠」

 野口氏は以前から、先発要員のジョー・ガンケル投手のクローザー配転を提言しているが、今のところ矢野燿大監督ら阪神首脳陣にその気はなさそう。「首脳陣にとって最もしっくりくるシナリオは、開幕早々に大炎上して2軍落ちした新外国人の(カイル・)ケラーが調子を上げて戻ってくることかもしれませんね」と言う。ケラーはウエスタン・リーグで6試合に登板し、計5回2/3を無失点。1軍の救世主となる日が来るのだろうか。

 また、阪神の開幕ローテの中では、藤浪晋太郎投手と伊藤将司投手が新型コロナの陽性判定を受け、秋山拓巳投手は不調でそれぞれ出場選手登録を抹消されている。「その3人が万全の状態で戻ってくることも不可欠でしょう」と野口氏は付け加えた。

「負けが込んだ要因はいろいろありますが、コロナでキーになる選手が次々と離脱したのは気の毒でした」と指摘する野口氏。チームに対して同情すべき要素もある。

 2年目の佐藤輝明内野手がリーグトップタイの6本塁打を量産し、打率も.297をマークしているのは、紛れもなく明るい材料。野口氏は「開幕ロケットスタートを切ったものの相手に研究され、パタリと鳴りを潜めた昨季とは違う。徐々に成績を上げてきたところに、成長のあとと深みを感じます」と評した。気が滅入りがちな阪神ファンにも、お楽しみはまだまだ残されている。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)