西武・山川穂高は規定打席未到達ながら5本塁打でトップタイ

 月曜日に送る週刊レポート「Monday パ」。4月第4月曜日は本塁打を特集した。パ・リーグで最も多く本塁打を放っているのは西武・山川穂高内野手。開幕2戦目から3試合連続でホームランを記録。3月29日の日本ハム戦では2本のアーチをかけた。2019年以来のホームラン王に向け、好スタートを切ったかに見えたが、翌30日の日本ハム戦で走塁の際に太もも裏を負傷。登録抹消となった。

 それでも4月19日のロッテ戦で復帰し、22日の楽天戦では今季第5号をマークした。規定打席には未達ながら打率も.353と好調を維持。個人タイトルはもちろん、打線の中心となってチームもけん引していきたい。

 チーム別に見ると日本ハムが21本で最多(2位は楽天の15本)。山川と並んでリーグトップの5本を放つアリスメンディ・アルカンタラ内野手は24日のソフトバンク戦で2本塁打を放つなど4安打3打点の活躍を見せた。22歳の万波中正外野手が4本で2人を追う。

 次にセイバーメトリクスからパのランキングを見る。「セイバーメトリクス」とは、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、選手を評価したり戦略に生かす指標のこと。今回は本塁打に関連する「AB/HR」を取り上げる。

楽天・西川遥輝は規定打席到達者の“本塁打ペース”でトップ

「AB/HR」とは「At Bats per Home Run」の略で、本塁打が出るまでにかかる打数の平均を表す。(打数)÷(本塁打数)で求められる。昨季本塁打王になったオリックス・杉本裕太郎外野手の昨シーズン数値は14.94だった。

 規定打席到達者で、最も本塁打のペースが高いのは楽天・西川遥輝外野手で22.33(67打数、3本塁打)。4月6日の西武戦で移籍後初本塁打を放つと、16、17日のソフトバンク戦では2試合連続本塁打をマークした。打率.343、15打点はともにリーグ2位だ。

 楽天・浅村栄斗内野手は3位で23.67(71打数3本塁打)。今季1号を放った4月20日の日本ハム戦から5試合連続安打中。この5試合では16打数11安打3本塁打と打ちまくり、シーズン打率も.338まで上げている。18打点では1位、打率.338は3位と、こちらも好ペースだ。

 浅村を抑え、「AB/HR」でわずかに上回るのは日本ハム・石井一成内野手。22.67(68打数3本塁打)で2位につける。日本ハムはチームとして本塁打数だけでなく「AB/HR」も37.57で、パ・リーグ6球団でトップに立っている(2位は楽天の41.40)。(「パ・リーグ インサイト」小野寺穂高)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)