PL学園時代は主将として1970年夏の甲子園に出場し学校初の決勝に進出

 南海、近鉄で通算2038安打を放って名球会入りし、指導者としてもオリックス時代のイチロー、広島時代の丸佳浩などを育て上げた新井宏昌氏。プロ入りするきっかけを作ってくれたのが野村克也氏ならば、名コーチとして野球界に携わるきっかけを作ったのは仰木彬氏だった。今回、Full-Countでは新井氏が歩んだ野球人生を本人の証言を元に振り返っていく。第1回は「プロ入りのきっかけとなった野村氏のテレビ観戦」。

 卓越したバットコントロールはアマチュア時代から不変だった。新井氏は大阪・PL学園の主将として1970年の夏の甲子園に出場。学校としては春夏を通じて初の甲子園決勝に駒を進めたが、東海大相模に6-10で敗れて惜しくも準優勝に終わった。

「中学2年生の時に漠然と大学ノートに『高校で甲子園、大学は東京六大学』と夢を綴っていたんです。じゃあ甲子園に出るためには大阪で、どこがいいかと考えた結果がPLだった」

 身長174センチ、体重53キロと小柄ながら同大会では2回戦の銚子商戦で本塁打を放ち、準決勝の高松商戦では1試合5安打と快音を響かせ続けた。「3番・中堅」としてチームを引っ張り、当時の大会記録となる12安打をマークしている。

 全国の舞台で結果を残し、憧れだった東京六大学への道はグッと近づいた。第1目標だった早大を目指したが、当時は推薦制度がなく「今から勉強して行くのは無理だった」と断念。だが、当時リーグ3連覇を果たしていた法大からは甲子園で安打を重ねるごとに“条件”がアップ。「初めは2部(夜間)でとの話だったが、それが1部になり、今度はレギュラーが集まる合宿所に、とドンドン上がっていった。最終的には是非来てくれと」。夢の六大学入りを自らの力で勝ち取り、進学への準備を進めていたが、同年のドラフトで、まさかの事態が起きた。

大学4年時に日米大学野球に出場、野村氏がテレビ観戦「ボールの見逃し方がいい」

「大学に進学すると話していたんですがね……。それまでスカウトも来ていなかった。私の中では冷やかしでドラフトにかけられたと思っていますよ(笑)」

 事前の連絡がないまま、後に在籍することになる近鉄がドラフト9位で新井氏を指名したのだ。今では考えられないが、ドラフト後の指名挨拶もなく、スカウトからの連絡もなかったという。もちろん自身の思いは変わらず、法大に進むと2年春からレギュラーを獲得。そして、4年時には「第3回日米大学野球選手権」の日本代表にも選出された。

 大会序盤は出場機会がなかったが、レギュラー外野手が不振に陥ったことで出番が回ってきた。この試合をたまたまテレビで観戦していたのが、南海で選手兼任監督として活躍していた野村克也氏だった。

「野村さんは『あいつはボールの見逃し方がいい』とスカウトに話をしていたようです。大学である程度、結果は残していましたが、そこまで注目もされていなかった。実際にスカウトからは『足は大したことない、肩は強い』と評価されていて、自分のスタイルと全く逆のことを話していた。それだけ南海のスカウトも注目していなかったということでしょう」

「最終的に2000本ヒットを打つことが出来た、それが恩返し」

 大学でプロ指名がなければ、卒業後は社会人野球の本田技研鈴鹿(現Honda鈴鹿)に進むことが決まっていたが、野村氏の“鶴の一声”で1974年のドラフト会議で南海から2位指名を受けてプロ入りを果たすことになった。

「子どもの時からの夢はこの時点で全てかなって、思い描いた人生を歩んでいた。プロ野球に入れたのは偶然、野村さんに見てもらっていたからだと思っています。南海でも試合に使って頂いた。一緒にプレーしたのは3年だけでしたが、最終的に2000本ヒットを打つことが出来た。それが恩返しだった」

 1975年のルーキーイヤー。野村氏の肝いりで南海のユニホームを背負った新井氏。この年は前・後期制が採用されており、オープン戦こそ1軍に帯同したが、結果が残せずにファームで前期の開幕を迎えた。だが、2軍で打率3割をマークするなど徐々に結果を残すと、後期前のオールスター休みに1軍練習へ呼ばれた。

「何してんだ。俺が指名したんだから活躍してもらわないと困る」

 大阪・中百舌鳥球場で野村氏から強烈にハッパをかけられた。この言葉を胸に新井氏の本当のプロ野球人生が始まっていくのであった。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)