広島で3タテを食らった流れ変え連敗ストップ

■DeNA 6ー4 巨人(26日・横浜)

 DeNAは26日、本拠地・横浜スタジアムで行われた巨人戦に、新型コロナウイルス陽性で戦列を離れていた桑原将志外野手が「1番・中堅」で12試合ぶりに復帰した。2点ビハインドの5回、その桑原のタイムリーなどで一挙5得点で逆転。6-4で勝ち切り連敗を「3」で止めた。

 DeNAではコロナウイルス陽性者が相次ぎ、23日には主軸の宮崎まで左太もも裏の炎症で出場選手登録を抹消された。それでもムードメーカーのリードオフマンが帰ってきた意味は大きい。2点を追う5回、1死一、三塁の好機で第2打席に入った桑原はカウント1-1から、巨人先発・戸郷が内角へ投じた147キロの速球を振りぬき、左翼線へ適時二塁打。続く佐野が右翼線への逆転二塁打、4番・牧秀悟内野手も右中間席への5号2ランで続いた。

 昨季からの“定位置”である1番に戻った桑原を、三浦大輔監督は「クワ(桑原)が塁に出ると盛り上がる。打線に勢いをつけてくれた」と改めて評価した。さらに、2番に佐野、3番にソトを置いた新打順も機能。指揮官は「広島で3連敗した流れを変える意味もあったし、出塁率の高い2人(試合前の時点で佐野は.337、ソトは.489)を牧の前に置いた」と自画自賛しご満悦だった。

 またこの日は、守護神の三嶋が「PCR検査は陰性だったが、体調不良」(三浦監督)でベンチを外れていた。それでも2点リードの9回には、エドウィン・エスコバー投手が2安打を許しながら無失点で締め、今季初セーブを挙げた。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)