新井宏昌氏のプロ初出場は「1番・左翼」、野村監督から「元気だな、お前いくか」

 南海、近鉄で通算2038安打を放って名球会入りし、イチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)の恩師としても知られる新井宏昌氏。1974年に、当時プレイングマネジャーを務めていた野村克也氏に見い出されてドラフト2位で南海入り。ルーキーイヤーの前期は2軍暮らしだったが、後期に1軍デビューを飾ると“安打製造機”へのプロ野球人生がスタートした。本人の証言を元に振り返っていく連載の第2回は「野村氏と過ごした3年間と、近鉄への移籍」。

 プロ1年目の1975年前期は1軍出場なしに終わった新井氏。だが後期に入る直前、大阪・中百舌鳥球場で行われた1軍練習に参加すると野村氏から猛烈なゲキを飛ばされた。「何してんだ。俺が指名したんだから活躍してもらわないと困る」。この言葉がレギュラー獲りのキッカケとなった。

 後期がスタートすると外野手に怪我人が相次いだこともあって、1軍昇格を果たす。プロ初出場は同年7月25日、平和台球場で行われた太平洋クラブライオンズ(現西武)戦だった。試合前、軽快で元気いっぱいに動いている姿を見た野村氏から「元気だな、お前いくか」と声をかけられ、いきなり「1番・左翼」で出場した。

「ビジターゲームで初出場。しかも1番、どうしようかなと。その中で(当時ヘッドコーチだった)ドン・ブレイザーが『1試合に1回はセーフティバントをしろ』と言っていた言葉が頭に残っていたんです」

プロ3年目の1977年は怪我で不振も起用「何度も叱られて、当時は何で使うんだ?と」

 初回の第1打席。東尾修が投じた初球はストライクゾーンに入ってくるストレート。待ってましたとばかりに三塁線へ絶妙なセーフティバントを試みて成功させると、すぐさま二盗も決めた。その後の打席でも適時打を放つなど、プロ初安打、初打点、初盗塁をマークして“満点”のデビューを飾った。

 この年、50試合に出場して打率.303、1本塁打、16打点、7盗塁の好成績を残して一気にレギュラー定着。2年目の1976年も規定打席に到達し、打率.271の成績を残したが、翌1977年は右肩の怪我もあり打率.227と不振に終わった。この年限りで南海を去ることになる野村氏は、どれだけ打てなくても新井氏を起用し続けた。

「ボールも投げられず、打つ方もダメだった。何度も叱られて、当時は『何で使うんだ?』と思ったこともあった。ただ、我慢して使って頂いたことには感謝しかない。(野村氏は)監督を解任されてしまったが、その後に結果的に2000安打を打てるようになった。それが一番の恩返しだった。亡くなる直前に『お前をプロに入れてよかったかな?』と言われましたが『ありがとうございました』と。その言葉しかありません」

近鉄へのトレード話が浮上「仰木彬がお前を欲しがっている」

 野村氏との師弟関係はわずか3年で終わったものの、1979年には打率.358をマークするなど、その後も外野のレギュラーとして活躍した。だが、徐々にスタメンでの起用が減少した1985年オフに岐路が待っていた。チームは穴吹義雄氏に代わって杉浦忠氏が新監督に就任。フロントからは佐々木誠ら若手の台頭もあり、翌年は「4番目の外野手として評価している」と、控え選手としての起用を伝えられた。

 まだレギュラーとして勝負したい思いが強かった新井氏は、他球団への移籍を模索。そんな時に関係者を通じ「近鉄の(ヘッドコーチの)仰木彬がお前を欲しがっている」との情報を耳にした。すると、南海からも「他球団で欲しいというところがある」との話が。もう迷うことはなかった。当時、33歳。最後の勝負と決めて、近鉄への移籍を決断した。

 これが大きな転機となった。近鉄で待っていたのは、後に指導者として名コンビを組むことになる仰木彬氏、そして打撃を復活させてくれた中西太氏との出会い。ベテランの域に差し掛かっていた新井氏は見事、復活を果たして、近鉄で7年間プレーすることになる。このトレードがなければ、通算2000安打を達成することはなかった。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)