加藤は二塁打をマーク、同僚からハグなどを受けて祝福された

■ブルージェイズ ー Rソックス(日本時間28日・トロント)

 ブルージェイズの加藤豪将内野手が27日(日本時間28日)、本拠地でのレッドソックス戦に「8番・二塁」で3度目のスタメン出場。メジャー7試合目にして、4回に初安打となる二塁打をマークした。球団は公式ツイッターに、攻守交替の際に加藤がチームメートから次々と祝福を受ける様子を動画で投稿。ファンは「喜びの涙」「マイナーで8年間! 本当におめでとう」と感激の声を寄せている。

 米挑戦10年目の27歳がついに刻んだメジャー初安打。メモリアルな1本を放った加藤をブラディミール・ゲレーロJr.内野手らチームメートがハグするなどして次々と祝福した。球団は「みんなゴウスケ・カトウのことを喜んでいる」と記してツイート。実況は「彼はスーパーナイスガイです。いつもいい雰囲気で、いつも笑顔です。みんなが喜んでいます」と語っている。

 ファンは「野球って素晴らしい」「だからこのチームが好きなんだ!」「うちのチームはパーフェクトだ」「これを家族と呼ぶ!」「このチームの雰囲気大好き」と祝福。日本語でも「みんなからお祝いされてるのめっちゃ微笑ましい」「ハグしてるメンツがエグすぎるんだよなぁ」とコメントが寄せられた。(Full-Count編集部)