巨人菅野の直球はほとんどが140キロ前半「初回から体が重そうで腕が振れていなかった」

■阪神 3ー2 巨人(29日・東京ドーム)

 巨人の菅野智之投手が29日、本拠地での阪神戦に先発し3回2失点で3敗目を喫した。佐藤輝に先制2ランを浴びるなど、今季最短での降板となったエースをヤクルト、阪神など4球団で21年間捕手として活躍した野球評論家の野口寿浩氏は「シーズンが佳境に入ったところには必ず必要。今がリフレッシュのチャンスかもしれない」と口にする。

 菅野は初回を3者凡退に抑えると、2回は味方のエラーも絡み無死満塁のピンチを背負ったが小幡を空振り三振、続く梅野を遊ゴロ併殺に仕留め無失点に抑えた。だが、3回は先頭の青柳に左前打を浴びると、2死一塁から佐藤輝に右翼バルコニー席へ特大の2ランを被弾した。

 この日は投球フォームに力感がなく直球もほとんどが140キロ前半。絶対的エースの姿を感じられない内容に野口氏は「初回から体が重そうで腕が振れていなかった。良くなる要素がほとんどなかった」と、異変を感じとっていた。

支配下に昇格し即登板となった菊地は最速154キロをマーク「楽しみな投手がまた一人出てきた」

 ここまで6試合に登板し3勝3敗、防御率3.78。クオリティスタート(QS)は4度達成していたが「まだ絶対的な菅野ではない」と分析。開幕から1か月が過ぎ、疲れが出てくる時期だが幸いチームはドラフト3位ルーキー・赤星、山崎(現在は抹消)、堀田ら若手投手が存在感を見せている。

 それだけに「若手がどんどん出てくる状況なので、今がリフレッシュするチャンスと言えるかもしれない。シーズンが佳境に入ってきたところには必ず“好調の菅野”が必要不可欠になります」と指摘する。

 この日も支配下に昇格し即登板となった菊地が2番手で登板し2回無失点の好投。最速154キロの直球と鋭いスライダーを武器に堂々たる投球を見せ「腕の振りも素晴らしかったし、何より持っているボールがいい。巨人にとっても楽しみな投手がまた一人出てきた。首脳陣の考えもあるが先発としても面白い存在です」と高評価だ。

 昨季は自己最少の6勝に終わるなど、不本意なシーズンを送ったがチームの大黒柱は菅野。悲願の日本一に向け、必要なピースであることは間違いない。エースが復帰するまで“ヤングジャイアンツ”たちがどこまで踏ん張れるか注目だ。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)