スタンドは3階層、座席幅も広く余裕を持った設計

 2021年シーズンをもって現役引退した元日本ハムの谷口雄也さんは、球団職員としてセカンドキャリアを歩み出した。2023年に開業する「北海道ボールパーク Fビレッジ」誕生までの軌跡を綴る。今回が第3回。

◇◇◇◇◇◇◇

 開幕して1か月が経ちました。スタートダッシュを切ったチームもあれば、試合に臨んでいく中で課題が見えてきたチームもあります。新戦力の活躍や気になる選手など、プロ野球にはいろいろな楽しみ方があります。今回は観戦するにあたって一番大事な、球場内の座席スタンドと大型ビジョンを紹介します。

「ES CON FIELD HOKKAIDO」(エスコンフィールド)はどうなっているのでしょうか。気になりませんか? 球場で試合を観るためには座席が重要ですよね。好きな選手の近くで応援したい! 外野スタンドでホームランボールをキャッチしたい! グラウンド内を見渡しながら選手の動きを見たい!

 初観戦の人から野球マニアの人まで、楽しみ方はさまざまです。エスコンフィールドは多様な観戦スタイルにお応えします。スタンドは大きく分けて3階層になっています。図の緑色から「STAR LEVEL」、青色が「MAIN LEVEL」、赤色が「FIELD LEVEL」です。

「STAR LEVEL」は球場全体を眺めることができ、「MAIN LEVEL」は球場内をぐるっと1周できます。そして「FIELD LEVEL」は間近で選手の迫力あるプレーを見ることができます。階段が少ないので体への負担が少なく、大事なビールやおつまみを落とすこともないでしょう。安心して観戦を楽しむことができますね。座席は約3万席。前後左右の座席幅も広く、余裕をもった設計になっているのも魅力のひとつです。

最前列からバッターボックスの距離は約15メートルと選手が間近に

「FIELD LEVEL」のバックネット裏からの景色は、レフトスタンドに「TOWER 11」、センターにはブルワリーレストランが見えます。そして両サイドの外野席の前にはブルペンも。この位置からは選手の動き、作戦の流れなどフィールド内の雰囲気が楽しめます。最前列からバッターボックスまでの距離は約15メートル! ピッチャープレートからホームベースまでの18.44メートルよりも短いんです。この座席から選手に声援を送ると、振り向いてくれそうな距離ですよね。

 次に内野スタンドです。エスコンフィールドではファイターズのベンチは一塁側です。内野スタンドからはベンチ内が見られるので、選手の喜ぶ顔や、真剣な表情、監督やコーチの選手への指示などここからチェックができますね。

 ライト側の1番のポイントはファイターズ投手陣のブルペンが目の前にあること! メジャーリーグの球場の多くは、ブルペンがこの場所にあります。出番に向けてどんな準備をするのか? 待機している投手の行動や表情は? ファンサービスをしてくれるのか? 試合を観ながらブルペンを楽しむファンの方も増えそうだなと想像しています。

 そしていよいよ、観戦を盛り上げる大型ビジョンを紹介します。縦16メートルx横86メートルの世界最大級のサイズ! 50インチテレビがなんと約1800個入る大きさです(わかりづらかったらスミマセン)。とにかく、この大型ビジョンに映し出される選手を見て、興奮すること間違いなしですね。レフト、ライトに1つずつあります。臨場感や躍動感を演出する大型ビジョンは、「注目してください」なんて言わなくても必ず目が行くはずです。

 今回は球場内の座席、観戦の楽しみ方と大型ビジョンを紹介しました。自分ならどこに座って何をするか。どこから大型ビジョンを見るか。想像してみてください。きょうはバックネット裏、次は外野スタンド……それぞれの楽しみ方があるはずです。

 エスコンフィールドでみなさん独自の観戦スタイルをつくってください!(ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 谷口雄也)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)