6回に二塁打を放って二塁に向かう際に痛める

 ソフトバンクの中村晃外野手が、右足を痛めて途中交代した。17日、本拠地で行われた楽天戦。6回に右翼線への二塁打を放ち、二塁へ向かう際に右のハムストリングを痛めたため、三塁に進んだ後に代走を送られた。

 2回の第1打席に右前安打を放ち、松田の先制2ランに繋げた中村晃。4回にも左前安打を放ち、この二塁打で3打数3安打の猛打賞だった。試合後、工藤公康監督は「足を気にする素振りをしていたので代えました」とコメント。中村自身は「二塁に向かうときに。明日病院に行きます」と、18日の楽天戦前に病院で検査を受けることを明かした。(Full-Count編集部)