4月末の首位は圧倒的打力の巨人、広島が好調投手陣の力で食い下がる

 スタートダッシュに成功した選手をデータで探り出し、3、4月の「月間MVP」をセイバーメトリクスの指標で選出してみる。選出基準は打者の場合、得点圏打率や猛打賞の回数なども加味されるが、基本はNPB公式記録を用いる。ただ、打点や勝利数といった記録は、セイバーメトリクスでは個人の能力を如実に反映する指標と扱わない。そのため、セイバーメトリクス的に個人の選手がどれだけチームに貢献したかを示す指標で選ぶと、連盟が選ぶ月間MVPとは異なる選手が選ばれることもある。

まずは3、4月のセ・リーグ6球団の月間成績を振り返る。

巨人:20勝11敗
打率.253、OPS.727、本塁打35
先発防御率3.06、QS率67.7%、救援防御率3.30

広島:16勝12敗1分
打率.255、OPS.652、本塁打10
先発防御率2.62、QS率75.9%、救援防御率4.46

ヤクルト:15勝12敗
打率.229、OPS.659、本塁打26
先発防御率3.80、QS率55.6%、救援防御率2.55

中日:13勝13敗
打率.251、OPS.682、本塁打17
先発防御率3.56、QS率50.0%、救援防御率2.85

DeNA:10勝15敗
打率.242、OPS.659、本塁打18
先発防御率4.37、QS率44.0%、救援防御率3.72

阪神:9勝20敗
打率.227、OPS.619、本塁打23
先発防御率3.49、QS率43.3%、救援防御率3.71

 圧倒的な打撃力で首位を走っているのは巨人。本塁打35本、OPS.727は群を抜いている。広島は本塁打が10本と最も少ないが、得点圏打率.310が示すようにチャンスでの集中打で得点を稼ぎ、得点121はリーグ2位だ。さらに先発投手の貢献も大きく、先発防御率、QS率ともにリーグ1位。また、先発投手による打点が9もあり、その中で森下暢仁投手は打率.357、OPS.929、5打点、得点圏打率.500と打撃でも大きく貢献している。

 中日は2021年の本塁打率(本塁打1本に要する打数)が73.5と、最も本塁打が少ないチームだったが、今シーズンはここまで51.5と改善している。そしてファンの間で話題となっているのが「ミラクル8」だ。8回に多くの得点を入れていることによるもので、実際に8回の得点確率は38.5%と、約5試合に2回の割合で得点が入っていることになる。さらに4回の得点確率も38.5%。ただ7回の得点確率が7.7%でいわゆる「ラッキー7」がない状況となっている。ちなみに他チームでも、極端に得点が入りやすい「特異イニング」が見受けられ、次のような例が挙がる。

巨人の4回の得点確率 45.2%
広島の6回の得点確率 41.4%
DeNAの9回の得点確率 42.9%

データが示す「最もチームに貢献した打者」は村上宗隆

 そんなセ・リーグの月間MVPは5月13日に発表される予定だが、ここでは、セイバーメトリクスの指標による3、4月の月間MVP選出を試みる。

 打者の評価としては「平均的な打者が同じ打席数に立ったと仮定した場合」よりも「どれだけその選手が得点を増やしたか」を示す「wRAA」を用いる。wRAAは「(wOBA?リーグ平均wOBA)/1.24×打席」という式で算出される。またwOBAは「{0.69×(四球−敬遠)+0.73×死球+0.97×失策出塁+0.87×単打+1.33×二塁打+1.73×三塁打+2.07×本塁打}/(打数+四球−故意四球+死球+犠飛)」で算出される。

各チームのwRAA上位2選手は以下の通り。

巨人:岡本和真9.31、吉川尚輝8.14
広島:西川龍馬8.54、菊池涼介4.03
ヤクルト:村上宗隆11.21、山田哲人7.78
中日:阿部寿樹7.05、大島洋平6.30
DeNA:牧秀悟9.48、宮崎敏郎7.95
阪神:佐藤輝明8.98、大山悠輔5.57

 各チームの主砲が順当に開幕から成績を残しているといえよう。ただ、巨人の吉川、中日の大島、DeNAの宮崎と、各チームの貢献度2位に位置する選手が戦線離脱している。これらの選手の動向とカバーする選手の出現が、今後のチーム状況に大きく影響を及ぼすことになるだろう。

 3、4月で「最もチームに貢献した」とデータが示している打者は、ヤクルトスワローズの村上宗隆内野手だ。今シーズンも開幕から全試合で4番として出場。打率、本塁打、打点という主要打3部門の1位ではないが、OPS.983と出塁率.434はともにリーグ2位。山田哲人内野手とともにヤクルト攻撃陣の核として貢献した。

 なお、OPS1位はDeNAの牧秀悟で1.048。長打率.597や得点圏打率.412という数値は村上より上だが、打席数が村上の113に対し82しかなく、その差がwRAAに影響した。よって3、4月のセ・リーグ月間MVP打撃部門に村上を推挙する。

「最も失点を防いだ投手」は好調・広島を支える大瀬良大地

 投手評価には「平均的な投手に比べてどれだけ失点を防いだか」を示す指標「RSAA」を用いる。これは(リーグ平均tRA−選手個人のtRA)×投球回数/9という式で算出される。

 ここでのRSAAはtRAベースで算出する。tRAとは、被本塁打、与四死球、奪三振に加え、投手が打たれたゴロ、ライナー、内野フライ、外野フライの本数も集計し、tRA={(0.297×四球+0.327×死球−0.108×奪三振+1.401×被本塁打+0.036×ゴロ−0.124×内野フライ+0.132×外野フライ+0.289×ライナー)/(奪三振+0.745×ゴロ+0.304×ライナー+0.994×内野フライ+0.675×外野フライ)×27}+定数という式を用いて、チームの守備能力と切り離した投手個人の失点率を推定する指標である。

各チームのRSAA上位2選手は以下の通り。

巨人:シューメーカー4.52、今村信貴2.57
広島:大瀬良大地5.47、黒原拓未2.29
ヤクルト:マクガフ2.74、木澤尚文2.26
中日:ロドリゲス3.56、R・マルティネス3.34
DeNA:田中健二朗2.05、入江大生1.67
阪神:青柳晃洋4.13、西勇輝2.87

 NPB公式の月間MVPの有力候補は、新人ながら月間1勝11セーブを記録した大勢投手(巨人)だろう。14回を投げ防御率2.08、奪三振率11.77、WHIP0.77と素晴らしい数字を残しているが、RSAAは巨人で4位。tRAは被本塁打、与四死球、奪三振の他に、打たれたゴロ、ライナー、内野フライ、外野フライ、投球イニング数が影響する。巨人の投手陣は大勢以上に内容が良い投手が多く、特にシューメーカーは27回1/3を投げ防御率0.98、奪三振率8.13、WHIP0.83。打球もゴロ37(51%)、内野フライ8(11%)、外野フライ24(33%)、ライナー3(5%)でGB/FBは1.16と、tRAの数値に好影響を与えるゴロや内野フライの割合が多くなっている。

 それ以上に良い評価をセ・リーグで得たのが、広島の大瀬良大地投手だ。6試合でリーグ1位の44回を投げ4勝1敗、防御率2.25はリーグ5位、WHIP0.95は同2位、そしてQS率100%は同1位だ。また打たれた打球内容はゴロ54(41%)、内野フライ17(13%)、外野フライ55(41%)、ライナー7(5%)でGB/FBは0.75となっている。

 先発投手としてイニングイーターの役割を果たし、内容も良いことを評価して、大瀬良をセイバーメトリクス目線で選ぶ3、4月の月間MVP投手部門に推挙する。ちなみに大瀬良は打者としても月間3安打、1打点をあげている。鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、テレビ番組の監修や、「AKB48選抜じゃんけん大会」の組み合わせなどエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。近著に『統計学が見つけた野球の真理』(講談社ブルーバックス)『世の中は奇跡であふれている』(WAVE出版)がある。