茂木栄五郎、岡島豪郎ら復帰の楽天がイースタン首位をキープ!

「Monday パ」では、1軍公式戦が行われないことの多い月曜日も、皆さまにパ・リーグを楽しんでもらえるよう、パ・リーグの旬な情報を配信しています。今回は5月第2月曜日現在のファーム情報をお届けします。どのような戦いが繰り広げられているか、順位と合わせておさらいします。ファームの情報にまで手が回らない方も、ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。(数字は9日現在)

 イースタン・リーグでは開幕9連勝と絶好調の開幕スタートを切った楽天が、5月に入っても調子をキープ。ゴールデンウィーク期間中にも4連勝を飾るなど、続いて首位を走っている。ソフトバンクから加入した釜元豪外野手を中心に打線が好調、キャプテンの茂木栄五郎内野手や岡島豪郎外野手、川島慶三内野手ら実績のある選手も復帰するなど、現在10連勝中の1軍とともに明るいニュースが多い。

 ロッテは新型コロナウイルスの影響で、4日から5試合が中止となった。その中で茶谷健太内野手が17打点でイースタン1位の好成績を残している。1日の試合では、右前への当たりをダイビングキャッチするなど好守も披露。1軍は2カード連続負け越しと苦しんでいるが、2軍から勢いのある選手を送り出し、好循環を生み出したい。

 開幕から引き分けを挟んで5連勝を飾るなど、好スタートを切った日本ハムだったが、その勢いはやや失速。5月に入ってからは4試合で1勝3敗と勝率は5割まで落ちている。片岡奨人外野手のように、1軍昇格して即スタメンのケースも見られる今季の日本ハム。「全員1軍を経験させる」という新庄剛志監督は宣言しており、選手たちの競争に期待したい。

 西武は現在12勝15敗1分で、イースタンに所属のパ4球団の中では最も勝率が低い。その中でドラフト6位ルーキーの中山誠吾内野手が4日の楽天戦で、プロ入り初本塁打を含む3安打3打点の活躍。その後1軍昇格をつかむという前向きな要素も。まだ5月上旬、選手たちの巻き返しに期待したい

ソフトバンクは右肩手術の周東佑京が復帰、打率.385と絶好調!

 ソフトバンクは周東佑京内野手が実戦復帰を果たした。2020年には50盗塁でタイトルに輝くなど、プロ野球界にその名を知らしめたが、昨年9月の右肩手術からまずファームで復帰。ここまで8試合に出場し、打率.385を記録するなどかつての姿を取り戻しつつある。注目の盗塁数はまだ1つだが、ここから伸ばしてくることは間違いないだろう。

 オリックスは1軍が7連敗という長いトンネルの中にいるが、その一因として福田周平外野手や杉本裕太郎外野手ら主力が新型コロナウイルス感染で離脱したこともあるだろう。両選手は8日のソフトバンク戦で公式戦復帰を果たし、安打を放っている。その後、チーム内感染が拡大するなどさらなる困難に直面しているが、1軍と2軍の総力戦でここを乗り越えたい。

 ゴールデンウィークの1軍は明暗が分かれた。首位を走る楽天は球団最長を更新する10連勝中。追うソフトバンクも6連勝中、3位の西武も直近2カード連続勝ち越しと、上位争いは熱くなりそうな予感だ。

 一方でオリックスは5月未勝利の7連敗。日本ハム、ロッテも4連敗を喫するなど、やや上位と下位の差が開いてきている。オリックスは楽天、ソフトバンクと上位相手のカードが続いたが、今週は日本ハム、ロッテとの対戦。ペナント争いに食らいつく球団はどこか注目だ。(「パ・リーグ インサイト」小野寺穂高)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)