4月27日から8勝1敗の快進撃、4位から首位奪取

 昨季20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトが、今季もここにきて急浮上。9日現在で2位・広島に1ゲーム、3位・巨人に1.5ゲームという僅差ながら首位に立っている。現役時代にヤクルト、日本ハムなど4球団で捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏が、燕“飛翔”の理由を分析し、今後の展開を占う。

 ヤクルトは4月24日時点では、当時首位の巨人に今季最大の5ゲーム差をつけられ、Bクラスの4位に低迷していた。ところが同27日の広島戦以降、8勝1敗の快進撃で一気に首位の座を奪っている。主砲の村上宗隆内野手は、5月6、7日の巨人戦で2試合連続満塁弾という離れ業を演じた。

 しかし、チームOBでもある野口氏は「村上が開幕直後に比べ調子を上げてきたのは間違いありませんが、ヤクルトのチーム状態が特別上がったとは思いません。むしろ上にいた巨人、広島が落ちてきた印象です」と冷静に分析する。そして「ヤクルトは無理をして上がってきたわけではないので、逆にしばらくはこの勢いが続くのではないかと思います」とも。前述の4月27日以降、巨人は3勝8敗、広島も5勝6敗と黒星が先行している。

 巨人の場合は、4月30日にエースの菅野智之投手が右肘の違和感、今月1日に坂本勇人内野手が右膝内側側副靭帯損傷、6日には吉川尚輝内野手が死球による左肩甲骨の骨挫傷で、相次いで出場選手登録を抹消された。「巨人は菅野の抹消と歩調を合わせるかのように、活躍していた若手投手が打たれ始めた。そして何より痛いのが坂本の離脱です。精神的支柱であり、まだまだ巨人は坂本のチームですから」と野口氏は指摘する。

清水、奥川、サンタナがいない中での首位、勝ち続けるためには…

 そんな中、ヤクルトが1992、93年以来29年ぶりのリーグ連覇にこぎつけるためのキーポイントは何か。野口氏は「投手陣では清水(昇投手)、奥川(恭伸投手)、野手では(ドミンゴ・)サンタナ(外野手)が故障で戦列を離れています。特に清水は長いシーズンを制する上で不可欠。復帰後の働きが鍵を握ると思います」と見る。

 清水は昨季両リーグを通じて最多の72試合に登板し、2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた。今季も勝ちパターンの8回を担っていたが、4月17日のDeNA戦で打球を右足に当て出場選手登録を抹消された。もっとも、今月8日のイースタン・リーグ巨人戦で実戦復帰し、1回1安打1四球無失点。近日中の1軍合流が見込まれている。

 巨人の菅野、坂本の復帰も近いとみられる。球界では新型コロナウイルスの感染者があとを絶たず不透明な状況が続くが、いち早くベストメンバーに近い戦力を整えたチームが有利になるのは間違いない。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)