大台到達から一夜、2試合連続の8号2ランを放った

■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間16日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地で行われたアスレチックス戦で2試合連発となる8号2ランを放った。大台到達から一夜明けて飛び出した通算101号に、米記者たちも自身のツイッターで次々と反応した。

 地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」のアスレチックス番、マット・カワハラ記者は「ショウヘイ・オオタニがボールを破壊した」と驚愕。NBCスポーツのアスレチックスレポーター、ジェシカ・クレインシュミッドさんは「ショウヘイ・オオタニの通算101号ホームラン。完全にボールを消し去った」と称賛した。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番、サム・ブラム記者は「ショウヘイ・オオタニが2ランホームランを打った。右中間深くへ引っ張った。昨年山ほど打ったホームランにかなり似ていた」とMVPイヤーの“再現”を予感していた。

 また米メディア「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「MVPが今めちゃくちゃホットだ! ショウヘイ・オオタニの通算101号!」と“量産体制”を喜んだ。(Full-Count編集部)