今季ソフトバンク入りした藤井皓哉投手は現在防御率0.60

 ソフトバンクの藤井皓哉投手が投げた、打者を圧倒するストレートに注目だ。「文字通りキレキレ」「キレがエグすぎぃー」「真っ直ぐで空振り取れるの強すぎませんか」「回転が美しすぎる」「角度やば」とファンのコメントが集まった。

 藤井は15日の日本ハム戦、7回に4番手で登板し、1回を3人でピシャリ。三者連続三振という圧倒的な投球を見せた。「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに公開した動画には、直球とフォークで抑え込む姿が納められており「まさか右のモイネロが独立にいたとは」と、チームの好投手になぞらえる声まで上がった。

 広島を2020年限りで自由契約となった藤井は、昨年は四国アイランドリーグの高知でプレー。ソフトバンクと育成契約を結んでNPB復帰を果たし、開幕前に支配下登録された。今季はすでに14試合に投げ、防御率0.60。15イニングを投げ23奪三振という大活躍だ。「カープファンだが、彼がプロで活躍してくれていて本当に嬉しい」「今年1番の掘り出し物!」と、戦力外から這い上がってのドラマにも賛辞が送られている。(Full-Count編集部)