マーティンの送球が二塁に迫る…その時、辰己は!?

■ロッテ 6ー3 楽天(17日・ZOZOマリン)

 楽天の辰己涼介外野手が「あわや直撃」という送球を驚異の身体能力でかわしてみせるシーンが注目を集めている。「リアクション最高」「狙ったな」「強肩同士のコミュニケーション」とコメントが寄せられた。

 17日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ-楽天戦の4回、無死一塁で武藤敦貴外野手の打球は、右翼手のレオネス・マーティンの前に飛ぶ安打となった。これを捕球したマーティンは素早く二塁へ送球、進塁していた一走の辰己を“狙い撃つ”形となった。辰己は送球を見ていたのが幸いしたのか、とっさに両足開きの大の字ジャンプで避け、直撃を逃れている。

 辰己は驚いたような表情を見せ、マーティンは大笑い。2人のリアクションに注目した「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【誤送球…!?】マーティン『笑顔で謝罪…!?』」として動画を公開すると、ファンからは「笑顔が見れるようになってきたのめちゃくちゃ嬉しいわ」と復調してきたマーティンの表情に注目したかのようなコメントや「笑顔が最高にアリス」と、似ていると指摘される女優の広瀬アリスさんに関連付けた言葉もあった。(Full-Count編集部)