大勢はリーグ1位の16セーブ、松川は史上3人目の高卒新人捕手で開幕スタメン

 プロ野球の2022年シーズンは開幕から約2か月が経過し、交流戦前のリーグ戦を終えた。各球団40試合以上を消化した中で、昨年10月のドラフト会議で1位指名された選手はどんなパフォーマンスを見せたのか。12人の現在地を検証する。

 最も目覚ましい活躍を見せたのが巨人・大勢投手だ。関西国際大から入団した右腕は19登板で1勝1敗16セーブ、1ホールド、防御率2.41。ヤクルトのマクガフに3差を付けてセーブ数でリーグトップをいく。

 右横手から最速159キロの速球やフォークでねじ伏せる。新人では史上2人目の開幕戦セーブをあげると、史上初となる初登板から7試合連続セーブをマークした。

 パ・リーグでは市立和歌山高から入団した松川虎生捕手が高卒1年目とは思えぬ存在感を発揮した、肩、キャッチング、リードいずれにも秀でた18歳は高卒新人捕手では史上3人目の開幕スタメンを果たすなど26試合に出場。佐々木朗希登板の試合は全て先発マスクを被り、4月10日オリックス戦での完全試合にも大きく貢献した。

西武・隅田のQS率は75%、大卒3人と高卒5人は1軍未経験

 不運なのは、西日本工大から4球団競合の末に西武に入団した左腕・隅田知一郎投手だ。8登板で1勝4敗、防御率2.74。初登板の3月26日オリックス戦で7回無失点で勝利投手になったものの、それ以降は白星から見放されている。しかし、8登板でクオリティスタート(6回以上で自責点3位内)を6度マークしており、安定感は抜群。打線と噛み合えば、今後白星は大いに期待できるだろう。

 他に1軍実績があるのは関学大から入団した広島・黒原拓未投手。開幕1軍入りを果たし、12登板で防御率6.52。5月5日に出場選手登録を抹消となった。

 大卒ドラ1で1軍経験がなかったのは3選手。中日・ブライト健太外野手(上武大)は右肩痛の影響などもあって2軍でも1試合出場のみ(2打数無安打)、昨年秋に左手尺骨を骨折したヤクルトの左腕・山下輝投手(法大)は2軍でも登板がなくじっくり調整している。キャンプで左脇腹を痛めたオリックス・椋木蓮投手(東北福祉大)は2軍で3試合に登板した。

 松川以外の高卒ドラ1指名5選手も1軍経験はない。楽天・吉野創士外野手(昌平高)は2軍で18試合出場、打率.256をマーク。阪神・森木大智投手(高知高)と日本ハム・達孝太投手(天理高)は2軍での登板を経験。DeNA小園健太投手(市和歌山高)、ソフトバンク・風間球打投手(明桜高)はじっくり調整を進めている。(Full-Count編集部)