昨季はオリックスが優勝も12年ぶりにセ・リーグが勝ち越した

 24日から「日本生命セ・パ交流戦 2022」が開幕する。昨季はオリックスが優勝したものの、リーグ全体の勝敗では12年ぶりにセ・リーグが勝ち越した。今回は、セ・リーグファンも注目のパ・リーグ選手をご紹介する。

 BIGBOSSこと新庄剛志監督率いる日本ハムは、現在最下位ながらも最近10試合で7勝3敗と勢いに乗っている。その打線をけん引しているのは、現在打率.366でリーグ首位打者の松本剛外野手。盗塁数も「14」でリーグトップと、俊足も魅力だ。投手陣は北山亘基投手に注目。今季開幕投手にサプライズ指名されると、その後は守護神に抜てき。伸びのある直球を武器にここまで5セーブを挙げており、チームの好調とともにさらにセーブ数を増せるか。

 パ・リーグ首位の楽天は、4カード連続負け越し中で、交流戦でもう一度流れを引き寄せたいところ。不調の打線が息を吹き返すための鍵になるのは、5月に入り月間打率.349と好調の辰己涼介外野手。交流戦直前の2試合は1番打者を務めており、チームに流れを呼び込む打撃に期待がかかる。パ・リーグ屈指と評される外野守備にも注目だ。また、今季ファームで結果を残し1軍昇格を勝ち取った黒川史陽内野手もスタメンでの出場が増えている。

 主力選手の相次ぐ離脱に苦しむ西武だが、5月13日に支配下登録された滝澤夏央内野手が活躍を見せている。今季育成ドラフト2位で入団すると、ファームでアピールし支配下登録を勝ち取った。1軍デビュー戦で初安打を放つなど、ここまで27打数9安打、打率.333と勢いに乗っている。投手陣は本田圭佑投手が4月26日の昇格以来、リリーフ8試合で無失点と好調。僅差の場面でも登板し、プロ初ホールドも挙げている。自身3年ぶりとなる交流戦で好投を見せられるか。

ロッテの高部は全試合で1番を務めて打率.276、51安打13盗塁

 ロッテは、開幕から全試合1番打者を務める高部瑛斗外野手に注目だ。ここまで打率.276、リーグ2位の51安打、13盗塁と先頭打者としての役割をしっかりと果たしている。交流戦でも好調を維持し、5位からの浮上のきっかけとなりたい。投手陣では、サイド右腕の東條大樹投手が好調。ここまでリーグ3位の20試合に登板し、2勝1敗8ホールド、防御率0.95と安定感抜群だ。

 昨季交流戦を制して勢いに乗り、最終的に25年ぶりのリーグ優勝を成し遂げたオリックス。注目は、2019年の交流戦で新人としては史上初の首位打者となった中川圭太内野手。今季も交流戦直前の6試合で23打数8安打と絶好調で、自身2度目の交流戦首位打者を狙う。新外国人のマッカーシー外野手も、21日に来日初本塁打含む3安打2打点の活躍を見せており、怖い存在だ。

 首位の楽天を追うソフトバンクは、セ・リーグ球団から今季新加入したリリーフ陣が大活躍を見せている。中日から移籍した又吉克樹投手は、開幕から18試合連続無失点を記録するなど13ホールドをマーク。4月26日には通算150ホールドも達成した。元広島の藤井皓哉投手もここまで16試合に登板して防御率0.54と抜群の安定感を示しており、全て中継ぎ登板ながら既に4勝をマークと「ラッキーボーイ」的存在にもなっている。両投手の古巣相手の登板にも注目だ。(「パ・リーグインサイト」波多野瞭平)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)