初HR写真の代わりに本拠地写真を望んだ!? ESPNの名物記者が明かす

 二刀流として投打に活躍し、メジャーでセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。シーズン序盤の主役としてアメリカで大きな注目を集めている中、名物記者が若きスターの人間性を物語るエピソードを紹介すると、ファンから「何て謙虚なんだ」「真のジェントルマン」「球界の至宝」などと称賛の声が沸き起こっている。

 メジャー1年目の若きスターの横顔を紹介したのは、ESPNの看板記者バスター・オルニー氏だった。

「ショウヘイ・オオタニは装飾品の類に興味ゼロだ。彼が初本塁打を打った後、エンゼルスはホームランを打った瞬間の写真をフレームに入れてプレゼントすると申し出た。彼は礼儀正しく断りを入れ、エンゼルスタジアムの写真を貰えるか尋ねた」

 オルニー氏は自身のツイッターでこうレポートした。大谷は4月3日(日本時間4日)の本拠地インディアンス戦の第1打席でメジャー初本塁打をマーク。球団スタッフが6歳の少年からホームランボールを回収し、大谷にプレゼントするなど、忘れられない一瞬となった。そして、球団は記念のフォトフレームをプレゼントしようとしたが、大谷は丁寧に断り、その代わりに本拠地エンゼルスタジアムが写った写真を求めたという。

ファンから称賛の声続々「どこまで謙虚なんだ!」「エンゼルスファンになるべきか…」

 大谷のあまりの慎み深さに、ツイッター返信欄には地元ファンからの称賛の声が集まった。

「どこまで謙虚なんだ! この男をすでに愛してしまっている」

「慎み深い」

「純粋に一流」

「この男の決心に感銘を受ける。すぐにアメリカかぶれしないことを祈るよ」

「エンゼルスファンになるべきか、悩んでしまう」

「チーム最優先の選手がここにいる。この男を見るのはアメージング以外に他ならない。米球界はショウヘイという本当のスターが持つパワーを手に入れた。これからアクーニャも出てくる。もちろん、他の偉大な若い選手も数多くいる。このスポーツの将来は明るい」

「謙虚じゃないか」

「レンジャーズに来てほしかった」

「2本目のホームランを生で見たよ。観衆はすでにトラウトよりも彼を気に入っている。クレイジーだ」

「ショウヘイ・オオタニは感動的な物語だ。真のジェントルマンであり、野球界の至宝だ。彼とマイク・トラウトは無敵のペアだ。カブスファンだが、彼らの成功を応援している」

 他球団のファンまでもが、豪快なプレーのみならず、大谷の人柄を愛している。品行方正でプロ意識の高さも評価を高めている二刀流の男は、メジャーを代表するスーパースターへの道を一歩一歩、踏みしめている。(Full-Count編集部)