吉田正は初回の第1打席で先制の7号2ランを放つ

 オリックスは27日、わかさスタジアム京都で行われたロッテ戦を3-2で勝利した。2-2の同点で迎えた8回。吉田正が決勝の中前タイムリーを放ち試合を決めた。吉田正はチーム全得点の3打点を挙げる活躍だった。

 オリックスは初回。1死一塁で吉田正が右翼席へ7号2ランを放ち先制に成功した。だが、4回に先発の田嶋がドミンゲスに同点2ランを浴びると、その後は両チーム決定打を欠き7回まで無得点が続く。

 それでもオリックスは8回。2死から連続四球で一、二塁のチャンスを作ると、吉田正が中前タイムリーを放ち勝ち越しに成功。9回は守護神・増井が締め交流戦前、最後の試合を勝利で飾った。(Full-Count編集部)