救援陣だけでなく野手も低調なエンゼルス「更に上を目指せる。その方法は?」

 30日(日本時間31日)の敵地タイガース戦では、2度の雨天中断の影響で5回83球3安打1失点5奪三振3四球で降板しながら、今季メジャー最速記録を更新する101.1マイル(約162.7キロ)をマークするなど、インパクトを残したエンゼルスの大谷翔平投手。ただ、この試合では降板直後に救援投手が炎上。エンゼルスは1-6で完敗した。

 エンゼルスにとって、ブルペンの立て直しは開幕から解消できていない課題。一方で、この日は打線も7安打を放ちながら1得点と、9安打で6点を奪ったタイガース打線とは対照的だった。地元メディアは、好調を維持するマイク・トラウト、大谷、アンドレルトン・シモンズ以外の打者の奮起を促している。

 CBSスポーツは「ほとんどトラウト、オオタニ、シモンズのおかげでエンゼルスは今の戦いができている。しかし、彼らには他の選手からの活躍が更に必要だ」とのタイトルで特集を掲載。「エンゼルスはシーズン87勝のペースである。それは良いことではあるが、素晴らしいとまではいかない。エンゼルスは更に上を目指せる。その方法は?」と“問題提起”し、「スター選手のためにもう少しまともなサポートを、裏方の面々に提供してもらうことによってだ」と訴えている。

 記事では、エンゼルスのポジションごとのセイバーメトリクスの指標WAA(Wins Above Average)がメジャー何位につけているかを紹介。捕手10位、一塁手24位、二塁手23位、三塁手24位、遊撃手1位、左翼手5位、中堅手1位、右翼手30位、指名打者2位、となっている。

 遊撃手=シモンズ、左翼手=アップトン、中堅手=トラウト、指名打者=大谷の4人がハイレベルであることに対して、他のポジションは及第点の捕手を除いて厳しい状況であることが分かる。特集では「この球団は一握りにも満たない選手たちによって持ちこたえる」と指摘。さらに「マーティン・マルドナードの非の打ち所がない捕手としての守備能力もそれにあたる」とマルドナードの守備力も評価しているが、残りのポジションの貢献度は低い。

「スター選手を支えるために更なる手助けが恐らく必要になってくる」

 いったいどの選手の頑張りが必要なのか。記事で挙げられているのは3選手だ。「アルバート・プホルスはおそらく残された力を振り絞っている最中なので、他に目を向ける必要がある。イアン・キンズラー、ザック・コザート、コール・カルフーンらはどうだろうか?」。史上32人目の通算3000安打を達成したレジェンドのプホルスは衰えが見られるものの、主砲のトラウトが絶大な信頼を寄せるなど存在感は大きく、人格者としてもチームに与える影響は大きい。そこで、その他の3人の主力選手に注目している。

 まずはキンズラー。2016年に打率.288、出塁率.348、長打率.484、28本塁打をマークした強打の二塁手は、今季ここまで打率.204、出塁率.276、長打率.315、3本塁打。この成績は「受け入れがたい」という。さらに、昨季レッズで打率.297、出塁率.385、長打率.548と打撃面で“開眼”したコザートも、打率.232、出塁率.310、長打率.395と苦戦。「もっと良い成績を残せるはず」だが、2016年までは目立った打撃成績を残してきた選手ではなく、「この(昨年の)数字が異常値だと言うなら、彼は現在のような打撃成績を続けることになる」という。そして、絶不調のカルフーンに至っては、ここまで打率.147という超低空飛行。ホームランも1本しか打てておらず、打点は「11」しかない。

 今季加入したキンズラー、コザート、そして昨年まで主軸の1人としてエンゼルスを牽引してきたカルフーンの浮上がなければ、打線は低調なまま。救援陣だけでなく、攻撃陣の奮起も不可欠だ。

「エンゼルスは近年良い活躍をしてきたサポート役の野手を抱えている。エンゼルスがプレーオフにたどり着くためには、スター選手を支えるためにキンズラーやコザート、カルフーン、ヤング、バルブエナからの更なる手助けが恐らく必要になってくる」

 特集では、こう指摘している。プレーオフ進出へ、早くも正念場を迎えているエンゼルス。チーム全体での底上げができるだろうか。(Full-Count編集部)