27日の本拠地アスレチックス戦で始球式に登場した岩隈

 マリナーズを今季限りで退団する岩隈久志投手が26日(日本時間27日)、本拠地アスレチックス戦で始球式を行った。捕手役はイチロー会長付特別補佐が務め地元ファンからも暖かい声援が送られた。マリナーズ公式ツイッター、インスタグラムは始球式の動画を公開している。

 異例ともいえる“メジャー最終登板”は日本人バッテリーで締めくくられた。マリナーズ一筋の岩隈がマウンドから渾身の一球を捕手・イチローに投じた。マウンド上で抱擁を交わした両選手に地元ファンからは惜しみない拍手が送られた。

 マリナーズ公式ツイッターは「最後にもう1度、セーフコフィールドに現れる。日本での活躍を祈っているよ、クマ。君のことを忘れないよ」とコメントを添え動画を公開すると、ファンからの惜別コメントで溢れかえった。

「思い出をありがとう、クマ」

「私が最後に彼が投げているのを見たのはエバレット・アクアソックスのプレーオフだった。そして、私は今夜ここにいる」

「この男が大好きだ」

「お互い、そして野球をリスペクトしている」

「間違いなくクマがいなくて寂しくなる」

「クマは私の中でもお気に入りの選手の一人だよ」

「ありがとう、クマ」

 さらに同インスタグラムでも岩隈のラスト登板を公開。やはりファンからは「ありがとう、クマ」「幸運を祈っているよ、クマ!」「寂しくなるよ。日本での活躍を祈っているよ!」「忘れないよ」「この男が大好きだ」「素晴らしい始球式」「泣いちゃったよ。クマは素晴らしい男だ」と、別れを惜しむコメントで溢れかえっていた。(Full-Count編集部)