グラシアルのセーフティーバントで好機広げ…

■西武 – ソフトバンク(21日・メットライフ)

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦がメットライフドームで行われ、3勝2敗と日本シリーズ進出に王手をかけているソフトバンクが初回に4番・柳田の3点タイムリーで先制した。

 ソフトバンクは初回、西武の先発ウルフから上林が二塁打、明石が死球、さらにグラシアルがセーフティーバントで無死満塁の絶好機を作る。ここで柳田がフルカウントから左中間への走者一掃のタイムリーツーベース。一気に3点を奪った。

 下克上へあと1勝のソフトバンク。好調の打線がいきなり先制パンチを浴びせた。(Full-Count編集部)