4回に1軍初打席で左中間を破るランニング本塁打「あれは良かった」

■MLBオールスター 9-6 巨人(8日・東京ドーム)

 巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が8日、東京ドームで行われ、MLB選抜が9-6で勝利した。この日「2番・DH」で先発し、2打数2安打1打点と大活躍したヤディエル・モリーナ捕手(カージナルス)が、4回にランニングホームランを放った巨人の松原聖弥外野手について「素晴らしいスピード。いいね、好きだな」と笑顔で絶賛した。

 メジャー現役最高捕手から最上級の褒め言葉だ。巨人が7点を追う4回。1死二、三塁の場面で代打出場した松原は、1軍初打席でメジャー3番手オテロから左中間を破るランニングホームランを放った。打球は平凡な外野フライになるかと思われたが、相手外野手がコミュニケーションミスで捕球できず。打球がフェンス際へ転がる間に、松原は快足を飛ばしてホームを陥れた。

 この様子を三塁ダグアウトから見ていたモリーナは、松原の韋駄天ぶりに「あれは良かった。素晴らしいスピード。いいね、好きだな。いい足を持っているね」と笑顔で絶賛。当初はランニングホームランを予想していなかったと言うが、「あのスピードを見た途端、かなりのチャンスがあると思ったよ」と振り返った。

 試合前には、巨人の阿部慎之助と挨拶を交わし、旧交を温めた。「彼をリスペクトしている。対戦できて光栄だった」と、同じポジションを守るベテランにエールを送った。

 9日からは「2018日米野球」が、いよいよ開幕。メジャー最高捕手のリードに注目が集まる。(Full-Count編集部)