1回戦から好カードが目白押し、大会1日目には優勝経験校が激突

 第88回選抜高校野球の組み合わせ抽選が終わり、いよいよ20日の開幕を待つばかりとなった。練習試合も解禁となり、調整を進めてから各校、大会へ挑んでいく。1日目から6日目まで目の離せない対戦が目白押し。開催日ごとの注目カードを紹介したい。

大会1日目(20日)
1、福井工大福井(福井)対 智弁学園(奈良)10時30分
2、常総学院(茨城)対 鹿児島実(鹿児島)13時
3、桐生第一(群馬)対 滋賀学園(滋賀)15時30分

 選抜優勝経験のある学校が初日から対戦する。常総学院は2001年春に当時2年生だった大崎雄太朗(西武)、横川史学(楽天・巨人)らを中心に全国制覇。今年は昨年のセンバツでもマウンドに立った左腕・鈴木昭汰(3年)が投打でカギを握る。中学時代に日本代表経験のある左腕に加え、剛腕の樫村雄大投手(3年)が2枚看板を形成。打っては新2年生の宮里豊汰内野手の豪打にも注目だ。ちょうど20年前の1996年のセンバツ覇者・鹿児島実は、秋の公式戦打率6割超えの主砲・綿屋樹内野手(3年)が打線の中心。追立壮輝外野手(3年)ら中軸と常総の投手陣の対決に注目が集まる。

 第1試合の智弁学園・村上頌樹(3年)は昨夏の甲子園マウンドに立った好投手。力のある打撃を見せる福井工大福井の北村進太郎内野手(3年)との対戦は楽しみだ。第3試合の桐生第一のエース左腕・内池翔(3年)は秋の公式戦の防御率が1点台。今大会注目の左腕である。強豪ひしめく近畿で準優勝となった滋賀学園は、4番・馬越大地内野手(3年)ら強力な攻撃陣が内池に挑む。

2日目に明徳義塾−龍谷大平安の名門対決、東邦のプロ注目右腕は3日目に登場

大会2日目(21日)
1、釜石(岩手)対 小豆島(香川)9時
2、明徳義塾(高知)対 龍谷大平安(京都)11時30分
3、八戸学院光星(青森)対 開星(島根)14時

 明徳義塾−龍谷大平安の名門校が初戦から激突する。明徳義塾の馬淵史郎監督は今選抜に出場する監督の中でもっとも出場回数が多い28度目。対する龍谷大平安の原田英彦監督は一昨年のセンバツ優勝監督。平安時代から同校が積み重ねてきた甲子園の勝利数は96勝と100勝目前となっている。経験豊富な指揮官同士がどのような野球をするか。龍谷大平安は1番・小川晃太朗外野手(3年)が俊足巧打の選手。橋本和樹内野手(3年)らの中軸にどうつないでいけるかがポイントだ。

 第1試合は21世紀枠対決で話題性は十分。小豆島は香川県を制している実力校。釜石は完投を重ねてきたエース右腕の岩間大(3年)がどこまで踏ん張れるか。第3試合の八戸学院光星はエース・桜井一樹(3年)が好投手。開星の4番・福間塁外野手(3年)ら力のあるクリーンアップがどう対応するかに注目。

大会3日目(22日)
1、明石商(兵庫)対 日南学園(宮崎)9時
2、東邦(愛知)対 関東一(東京)11時30分
3、札幌第一(北海道)対 木更津総合(千葉)14時

 第3試合で春初出場の札幌第一が関東王者の木更津総合に挑む。札幌第一は神宮大会にも出場し、準々決勝で優勝した高松商に敗れたが、チーム力は高い。1番・宮澤晃汰内野手(3年)、2番・辻陸人外野手(3年)がかきまわす。名門・横浜高校(神奈川)で監督、コーチ経験のある小倉清一郎氏を臨時コーチに招き、緻密な野球を注入された。どんな戦いを見せるだろうか。木更津総合のエース左腕・早川隆久投手(3年)は直球、変化球とも一級品。両校の駆け引きも気になるところだ。

 第2試合ではプロ注目の右腕・東邦の藤嶋健人(3年)が登場。関東一は安定した投手力で打者・藤嶋らを抑えにかかる。第1試合の初出場・明石商はエースの吉高壮(3年)、日南学園も160センチと小柄な森山弦暉投手(3年)の両エースの出来がキーポイント。好投手対決に注目が集まる。

最高成績を狙う九州王者・秀岳館、創志学園の松坂2世、敦賀気比は最後のカードで登場

大会4日目(23日)
1、土佐(高知)対 大阪桐蔭(大阪)9時
2、市和歌山(和歌山)対 南陽工(山口)11時30分
3、秀岳館(熊本)対 花咲徳栄(埼玉)14時

 第3試合では、同校最高成績を目指す九州王者の秀岳館が登場。それだけの戦力が整っている。名将・鍛冶舎巧監督が自身の指揮していた枚方ボーイズで日本一になったメンバーとともに同校へやってきた。強打者の捕手・九鬼隆平(3年)を中心にして、花咲徳栄の好投手・高橋昂也(3年)に挑む。高橋は最速145キロでプロ注目の左腕だ。

 第2試合は公立対決。甲子園初勝利を目指す市和歌山はエース・赤羽陸(3年)を中心に投打ともにバランスが取れたチーム。南陽工は山崎康浩監督の長男・大輔内野手(3年)が主将。親子鷹で甲子園勝利を目指す。第1試合では、優勝候補の大阪桐蔭でエースの高山優希(3年)が2年続けて春のマウンドに立つ。3年ぶり出場となる土佐は、2013年に優勝した浦和学院(埼玉)と初戦で戦っており、またも初戦で強豪撃破が目標となった。

大会5日目(24日)
1、東海大甲府(山梨)対 創志学園(岡山)9時
2、高松商(香川)対 いなべ総合(三重)11時30分
3、海星(長崎)対 長田(兵庫)14時

 夏春連続出場となった東海大甲府は、昨年エースナンバーをつけてマウンドに立った菊池大輝(3年)が競争の末、背番号10になった。代わってエースナンバーをつけるのが松葉行人(3年)。高い投手力に加え、松岡隼祐内野手(3年)らを中心とした打線が売りだ。創志学園はプロ注目の右腕・松坂2世こと高田萌生(3年)が甲子園にやってくる。神村学園を率いて選抜準優勝した長澤宏行監督がどんな野球をするか。

 第2試合は神宮覇者の高松商が登場。大阪桐蔭を破った打線はセンバツでも力を発揮できるか。機動力のあるいなべ総合との好試合が期待される。海星は九州大会で秀岳館に敗れたが、攻撃力は高い。長田のエース・園田涼輔(3年)は公式戦52イニングで奪三振数が66。奪三振がイニング数を上回る好投手だ。

大会6日目(25日)
1、敦賀気比(福井)対 青森山田(青森)9時

 1回戦最後のカードに前年覇者の敦賀気比が入った。エース・山崎颯一郎(3年)はプロ注目。昨年の甲子園を経験した主将の林中勇輝内野手(3年)とともに3校目の春連覇を目指す。強豪に挑むのはこちらも東北優勝の青森山田。エースの堀岡隼人(3年)は完投能力が高く、秋の公式戦は防御率1.97。昨秋の神宮大会の準決勝で敦賀気比に挑んでいるが、5-8で青森山田は敗戦。雪辱に燃えており、好ゲームが期待できそうだ。