3日DeNA戦でスイングした際に違和感

 日本ハムの清宮幸太郎選手が4日、東京都内の病院で精密検査を受け、右手有鈎(ゆうこう)骨の骨折と診断された。球団が発表した。

 清宮は3日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の9回の第4打席でスイングした際に違和感を訴え、途中交代していた。今後の経過、見通しは未定。

 また、NPBエンタープライズは9、10日の侍ジャパン強化試合・メキシコ戦(京セラドーム大阪)への出場辞退を発表。代替選手はなしとなっている。(Full-Count編集部)