3回2死一、三塁で右翼スタンドへと運ばれる

■DeNA – ソフトバンク(オープン戦・16日・横浜)

 DeNAのドラフト1位ルーキー上茶谷大河投手がプロの洗礼を浴びた。16日、横浜スタジアムで行われたソフトバンクのオープン戦。3回、グラシアルに右翼スタンドへの3ランを浴びてオープン戦で初めて失点を喫した。

 開幕ローテ入りが有力のドラ1右腕が痛烈な一発を浴びた。3回、1死から甲斐にフェンス直撃の二塁打を許すと、2死二塁から今宮には内野安打。インコースのボールでバットをへし折ったものの、打球にバックスピンがかかり、右腕の目の前でバウンドが変化。ピンチが広がると、キューバ人助っ人にフルカウントから右翼スタンドへと運ばれた。

 7日の中日戦(ナゴヤ)で4回パーフェクトの好投を見せていた上茶谷。オープン戦2試合目、7イニング目で失点を喫した。(Full-Count編集部)