2回先頭のピスコッティに左翼スタンド中段へのソロを浴びる

 日本ハムの斎藤佑樹投手が18日、東京ドームで行われたアスレチックスとの「2019 MGM MLB日本開幕戦 プレシーズンゲーム」に先発した。2回先頭のピスコッティにソロ本塁打を浴び、2回を投げて1安打1失点でマウンドを降りた。

 開幕ローテ入りを目指す斎藤佑。メジャーリーガーを相手に、上々の立ち上がりを見せた。大きな拍手に包まれてマウンドに上がった斎藤は、先頭グロスマンを1ボール2ストライクから4球目の外角チェンジアップで遊直に打ち取ると、続くチャップマンはフルカウントから7球目が外角に外れて四球。3番のオルソンは1ボール2ストライクから4球目低めスライダーでハーフスイングを誘い、空振り三振とした。最後は、昨季48発の本塁打王デービスを1ボールから2球目高め真っ直ぐで中飛に打ち取り、無失点とした。

 2回は先頭のピスコッティに、2ボール1ストライクからの4球目、134キロの真っ直ぐが甘くなり、左翼スタンド中段へのソロ本塁打を被弾。プロファーを右飛に打ち取った後、セミエンに四球を与えたが、ラウレアーノを中飛、フェグリーを捕ゴロに打ち取り、最少失点に抑えた。

 プロ9年目を迎える30歳右腕は昨季、1軍登板が3試合にとどまり0勝1敗に終わった。復活を期す今季は、この試合まで実戦3試合に登板して7イニングを投げて無安打無失点と好投を続けていた。2回の被弾で、今季実戦4試合目、9イニング目で喫した初被安打初失点だった。(Full-Count編集部)