昨年限りで引退し、コンサル企業就職 選手経験者視点でスポーツビジネスを支援

 2011年にドラフト5位でヤクルトスワローズに入団し、1年目にセ・リーグ新人記録(当時)となる22試合連続無失点を記録。左のセットアッパーとして、2015年のリーグ優勝にも貢献した久古健太郎氏。2018年に戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトを受けるも、引退を決意した。ユニフォームを脱いで3か月が経ったある開幕前の日、神宮球場に現れた。

 スワローズカラーの緑色のネクタイを締めたスーツ姿で、小川監督や宮本ヘッドコーチに挨拶をしていた。引退後、久古氏はデロイト トーマツ コンサルティングに就職した。

「(再就職の)声もたくさんかけていただいたのですが、スポーツ選手の可能性を知りたくて、スポーツ選手が社会からどう見られていて、社会でどこまで通用するのか、純粋に知りたいと考え、アルバイトからでもいいという思いで一から就職活動をしました」

 自分でホームページを見て、書類を作ってエントリーした。しかし、応募したほとんどの企業は、書類選考で不合格だった。しかし、「デロイト―」はそんな久古の思いにも耳を傾け評価し、採用してくれたのだった。

 自らの力で第二の人生を切り開くため、パソコン教室などにも通い、努力を重ねた。クライアント企業に対して、課題解決のための提言やその実行を担うというコンサルティング会社に決めた理由は何だったのだろうか。

「今の時代、不確実で自分が入った会社が倒産することだってあるかもしれない。もし、そんなことがあっても自分がどこかから引っ張ってもらえるくらいの力をつけたい、自分個人の力をつけたいと思ったんです。本を読んで調べる中で、コンサルティングの仕事がとても力が身につく、とてもいいキャリアを積めるということを知りました。32歳からキャリアを付けるならそういうところでしっかりと揉まれて、一から力を付けたいと思いました」

 コンサルティング会社といっても様々だが、久古氏は、野球選手だった自分を社会のためにも生かしたいと思い、スポーツビジネスも扱っている会社を選んだ。

「スポーツビジネスは、さまざまな分野の産業からも注目が集まっていて、もちろん、スポーツの分野で力を積んだ方も注目していますし、国もスポーツ産業の育成を目標に掲げています。自分の経験と社会に生かすことを考えた時に、スポーツビジネスに関わる仕事が良いと考えたんです」

セカンドキャリアを意識 「選手としての期間以上の時間をどう頑張れるかが人生にとっては大切」

 2018年12月のスポーツ庁の戦略では、2015年度は5.5兆円だったスポーツ市場規模を、2025年には15兆円にするという目標を掲げている。スポーツ分野での産業競争力を上げたり、スタジアムやアリーナでの収益を強化したり、スポーツを仕事とする経営者や人材の育成、活用に力を入れて新しいビジネスを生み出し、スポーツの場から新しい財源やサービスを生み出したりする社会を目指している。国が目指す“スポーツで稼ぐ国”に変わっていくには、プロスポーツ選手だった人の経験を活かさない手はない。

 実際にどんな仕事に携わっているのか聞いてみると、「まだ研修が終わったばかりなんですけど…」とはにかみながらも話してくれた。

「スポーツビジネスにおける顧客ロイヤルティ調査に関する仕事に携わっています。観戦に来たファンの方がどう感じたか、どうしたらファンの方がたくさん来てくれるか、といったことを調査し、それをもとに集客や、クラブチームの地元の活性化を目指すという仕事です。私の野球選手としての現場経験は選手がどのようなファンサービスを行えるか、具体化する上で選手経験者視点の知見を活かせればと考えています」

 ところで、久古氏はいつ頃からセカンドキャリアを意識するようになったのだろうか。

「去年はすごく葛藤がありました。競技に集中したい、でも…という感じで。32歳になって自分でも薄々感じるところもありながらで。そんな時、勉強の一環として本を読んでいた中で、だんだんとセカンドキャリアを意識するようになったという感じですね。65歳定年ということを考えた時に野球選手の選手寿命を考えると、多くの選手が残りの30年以上、つまり選手としての期間以上の時間をどう頑張れるかが人生にとっては大切になってくると思うんです」

 野球への未練がなかったわけではない。ただ、野球選手でいることがすべてではない。思い切って決断し、第一歩を踏み出した。これからの目標、ビジョンもすでにしっかりと見えている。

「セカンドキャリアでは、“スポーツ選手”とい経験自体を大きなキャリアとして世の中から認めてもらうことを最終目標に掲げています。今はスポーツ選手のセカンドキャリアをサポートする制度が十分に整っていません。プロ野球選手でもまだまだなのでマイナースポーツだともっと大変。野球選手という大きな夢を持って頑張っている実力のある人でも、先々何があるかわからないから他の道も選べるように、英語をやりなさい、パソコンを勉強した方がいいなどと言われることが多いですよね。もちろん英語はメジャーに行く時に役立ちますし、パソコンも使えると便利です。でも、スポーツ選手なんて将来つぶしが利かないから、といった発想はなんだか夢がないなと思うんです。だから、野球選手を目指すことがその後のキャリアも含めて“素敵な夢”になるようにしたい。スポ―ツ選手になれば、セカンドキャリアにも夢があるよって。こういう大きな目標を持ってやっていれば、それに付随して自分も向上できる気もしているんです」

 彼は今、自分の「成長記録」をつけている。新しい自分を見つめ、どんなことに苦労したか、どんな発見をしたかを日々、ペンを持って、綴っている。新たな道に進んだ彼の努力や発見が、今までにない道を作り、現在の選手たちに、またこれからプロ野球選手を目指す子どもたちに夢を与えていく。戦力外という経験をプラスに変えたい、という男の新たな野球人生のノートにはたくさんの野球、スポーツへの愛があふれ出るだろう。(新保友映 / Tomoe Shimbo)