6回先頭でダイソンを外角低めへ決まるチェンジアップで空振り三振に

■ドジャース 18-5 Dバックス(日本時間31日・ロサンゼルス)

 30日(日本時間31日)の本拠地・ダイヤモンドバックス戦で今季初勝利を挙げたドジャースの前田健太投手。6回2/3で5安打3失点に抑え、バットでもバスターから二塁打を放つなどチームの大勝に貢献した。ドジャース公式インスタグラムは前田が6回先頭でジャロッド・ダイソンから空振り三振を奪った動画をアップ。ファンから称賛の声が飛んでいる。

 前田は1ボール2ストライクから2球ファウルで粘れられた。最後はフルカウントからの8球目。外角低めへ沈むチェンジアップで空振り三振に仕留めた。後ろを振り向いてから右手をグラブに叩きつける制球力抜群の投球。球団公式インスタは「あの動き……」と勝負球のキレを称賛している。

 チームは前日延長13回の末に敗れた。ファンからは左打者へ威力を発揮した勝負球への称賛のコメントが集まった。

「美しい」

「完璧!!」

「マエダに敬意を表する」

「気を付けて、マエダはヘルメットを吹っ飛ばすよ」

「間違いなくえげつない……禁止にするべきだ」

「すごい」

「彼は今日ウィッフルボールを使っていたの?」

「最高にえげつない」

「ビーストモード」

 昭和最後の1988年に生まれた右腕。ファンから大絶賛された勝負球を武器に、「令和」も引っ張る投球を期待したい。(Full-Count編集部)