柳田は3戦連発の3号ソロ、今宮は今季1号ソロ&2号ソロ

■ソフトバンク 11-4 オリックス(2日・京セラドーム)

 ソフトバンクは2日、敵地オリックス戦を11-4で勝利し開幕4連勝を飾った。2回に4連打で3点を先制すると、3回には今宮の1号ソロ、5回には柳田の3戦連発となる3号3ランが飛び出し試合を決めた。

 ホークス打線が初対戦となったアルバースを粉砕した。2回1死からグラシアル、内川の連打で一、二塁のチャンスを作ると松田の中前適時打、上林の中越え2点タイムリー三塁で3点を先制。

 さらに3回には好調の今宮が左翼ポール直撃の1号ソロ、5回には無死二、三塁から柳田が3試合連続となる3号ソロを右翼席へ叩きこみリードを広げた。8回には今宮がこの日2本目となる2号ソロを放つなど12安打11得点で圧勝。先発の東浜は5回を投げ7安打4失点と苦しい投球が続いたが打線の援護もあり今季初勝利を挙げた。

 オリックスは先発のアルバースが5回7失点と誤算。中継ぎ陣もソフトバンク打線を止められず開幕から12球団唯一、未勝利となり単独最下位に転落した。(Full-Count編集部)