4回守りで自らの失策が絡んで4失点→直後の4回無死一、二塁で5号3ラン

■西武 – 楽天(9日・県営大宮)

 西武の山川穂高内野手が9日の楽天戦(県営大宮)で5号3ランを放った。

 4回、無死満塁の場面で一ゴロを捕球する際にボールをこぼし、失策を記録していた。この失策も絡み先発・ニールがこの回4失点。しかしその直後の攻撃で嫌な流れを断ち切った。

 先頭・源田が左前打で出塁すると、続く秋山が四球を選び無死一、二塁の絶好のチャンス。山川に“名誉挽回”の打席が回ってきた。楽天先発・辛島の高めに浮いたストレートをとらえると、レフトスタンド上段に特大のアーチをかけた。後続が倒れ逆転とまではいかなかったが、この一発で1点差に詰め寄った。

 山川はベンチに戻ると、「打ててよかった」とほっとした表情で振り返り、逆転勝利を誓っていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)