3回に今宮が右前適時打を放ち、松田宣にも中前適時打

■西武 – ソフトバンク(19日・メットライフ)

 ソフトバンクが大幅な打線組み替えが当たった。19日、敵地メットライフドームでの西武戦。3回に、プロ10年目で初めて3番に入った今宮が先制の適時打を放った。

 怪我人続出、3連敗中と苦しむソフトバンク。この日2番に釜元、3番に今宮、4番に松田宣を置き、不振のデスパイネと内川を5、6番に下げる新打線を組んだ。3回、2死から牧原が四球を選ぶと、釜元が中前安打で繋ぎ、チャンスを拡大。ここで今宮が右前適時打を放って先制に成功した。

 さらに、4番の松田宣も中前適時打で続き、この回2点を先行した。低迷する打線に苦しんできたソフトバンクだが、この日は工藤公康監督の打線組み替えが的中した。(Full-Count編集部)