6日まで4試合連続スタメンから外れる

 ソフトバンクは6日、上林誠知外野手が福岡市内の病院でCT検査を受けた結果、右第4中手骨掌側剥離骨折と診断されたと発表した。今後の練習、試合出場は患部の状態を見ながら判断する。

 上林は今季31試合出場で打率.196、4本塁打、13打点、4盗塁。この日まで4試合連続でスタメンを外れていた。(Full-Count編集部)