9回の浅村の同点ソロは一度はファウル判定も、リプレイ検証で覆る

■楽天 9-8 日本ハム(15日・楽天生命パーク)

 楽天が、一時背負った8点差をひっくり返す大逆転サヨナラ勝ちを飾った。15日、本拠地・楽天生命パークで行われた日本ハム戦。4回まで8点ビハインドとなりながら、ブラッシュの2本塁打などで猛反撃すると、9回に浅村のソロ本塁打で試合を振り出しに。延長11回1死一、三塁でウィーラーがサヨナラ犠飛を放った。楽天が、8点差をひっくり返して逆転勝ちを納めたのは球団史上初のこととなった。

 先発の古川が大田に2本塁打を浴びるなど、4回までに8安打8失点でノックアウト。8点のビハインドを背負ったが、そこから猛反撃に転じた。4回にブラッシュが11号満塁弾を放って4点差とすると、8回にはブラッシュのこの日2発目の2ランで2点差。さらに嶋が3号ソロで続いて1点差とした。

 1点差で迎えた9回、浅村が右翼ポール際へ同点の9号ソロ。一塁塁審の判定はファウルだったものの、リプレー検証の末に判定が覆って同点弾に。試合は8-8のまま延長にもつれ込むと、延長11回、藤田と島内の右前安打で1死一、三塁として、最後はウィーラーはサヨナラ犠飛。日本ハム栗山監督のリクエストでリプレー検証が行われ、判定は変わらず。楽天は8日のソフトバンク戦でも4回までに7点のビハインドを背負いながら、そこから大逆転サヨナラ勝ちを収めていた。

 日本ハムは大田の2打席連続本塁打などで4回までに8点を奪った。金子弌大はブラッシュに満塁弾を浴びて4回途中で降板。その後、継投で反撃を凌いでいたが、石川直が2本塁打を許して1点差に迫られ、秋吉が浅村に同点弾を被弾。最後は玉井がサヨナラ負けを喫した。(Full-Count編集部)