15日未明に夫人が群馬県内の病院で出産

 西武は15日、山川穂高内野手に第1子となる長女が群馬県内の病院で誕生したと発表した。

 夫人が15日午前1時51分に群馬県内の病院で出産し、体重は3822グラム、母子ともに健康という。山川は球団を通じ「無事に生まれてきてくれて本当に良かったです。家族、子どものためによりいっそう頑張りたいと思います」とコメントした。(Full-Count編集部)