オフは筑波大で科学的根拠に基づくトレーニングを実施

 まもなく33歳の誕生日を迎える田澤純一は今年、2011年以来8年ぶりに開幕メジャーを逃した。カブスとマイナー契約を結んだ渡米11年目の今季は、傘下3Aアイオワからメジャー昇格を目指す日々を過ごしている。5月27日現在、5試合(5回)に投げて3安打5奪三振2四球で無失点。ここ数年は結果を出せずに苦しむシーズンが続いたが、少しずつ本来のピッチングスタイルを取り戻しつつある。

 オフには筑波大学に週4日通い、30歳を過ぎた自身の体に合ったトレーニングとピッチングフォームを求めた。体作りとパフォーマンスの精度を上げる試みは、招待選手として参加した今季スプリングトレーニングでも継続。オープン戦では6試合(5回2/3)に投げて2安打9奪三振無四球無失点の結果につなげた。契約解除を経て再びカブスとマイナー契約を結んだ後は、アリゾナ州にある球団施設で調整を進め、5月初旬に3Aアイオワに合流。「もうひと花咲かせるために頑張ります」と語る右腕が、自身が過ごす今をリポートしてくれた。

 ◇ ◇ ◇

 Full-Countをご覧の皆さん、お久しぶりです。田澤純一です。僕は現在、カブス傘下3Aのアイオワ・カブスに所属しながら、メジャー昇格に向けて登板を積み重ねています。

 昨年は初めてクビを経験し、マーリンズ、タイガース、エンゼルスと3球団を渡り歩くことになりました。なかなか納得のいくピッチングができず、結果も残せないシーズンでしたが、エンゼルスでは9月にメジャーで投げさせてもらい、上手くオフシーズンに繋ぐことができたと思います。契約してくれる球団があるのか分からないまま過ごすオフは正直、不安もありました。でも、僕ができることは、次のシーズンに向けて体を作り状態を上げることだけ。そんな中、まだ野球を続けるチャンスを与えてくれたカブスには、感謝の気持ちしかありません。

 毎年オフは1月に沖縄でトレーニングをしていましたが、今年は行きませんでした。その代わりに向かったのが、筑波大学です。個人トレーナーとして支えてくれる井脇毅さんの紹介で、1月は毎週月曜から木曜まで筑波大に通い、自分の体と向き合いました。アテネ五輪に110Mハードルで出場した谷川聡さんや福田崇さんの指導の下、より効果的な投球フォームに繋がる体の動きをトレーニングしたり、時には川村卓先生にフォームの動作解析をしていただいたり。どうして今取り組んでいるトレーニングが必要なのか、そのトレーニングがどう投球フォームの改善につながるのか、科学的根拠を持ったアプローチを取ることはとても新鮮で、いい意味で自分を見つめ直す時間にもなったと思います。

引退の上原浩治氏から直接報告「わざわざ僕にまで…」

 このトレーニングを続けられる環境がカブスにあったことも幸いです。オープン戦ではいい感じで投げられて結果も出ていましたが、3月末に契約解除。これまで結果を出してもチームに残れない選手を何人も見てきたので、その厳しさは分かっているつもりでしたが、やっぱりメジャーは甘くありません(苦笑)。だからこそ、再契約してもらえたことを光栄に思います。

 カブスと再契約した後、球団の意向もあり、僕は開幕後もアリゾナのキャンプ施設に残って調整を続けました。そこではストレートの回転数を上げるため、真っ直ぐ狙いの若手選手を相手に真っ直ぐを投げ続けました。もちろん、3Aともなればストレートだけでは打者に勝てません。打者との駆け引きや配球の組み立てなどは、1試合1試合精度を上げていきたいと思います。

 今年はイチローさん、上原浩治さんと、一緒に野球をさせていただいた先輩方が引退されました。2013年にレッドソックスで共に世界一を経験した上原さんは、わざわざ僕にまで直接引退の連絡を下さいました。光栄なことです。そもそも、僕にとってイチローさんや上原さんと同じグラウンドに立てたこと、それこそが光栄以外の何物でもありません。11年前に思い切って渡米したから得られた経験です。引退なさるのは寂しく思いますが、ご本人が決めたこと。僕から贈れる言葉は「お疲れ様でした」なのか、「ありがとうございました」なのか、「おめでとうございます」なのか。いろいろなものを背負いながらプレーしてきたお二人から、たくさんのことを学ばせていただきました。

 40歳を超えて野球を続けられる選手や、自分で引退を決められるところまでプレーし続けられる選手は一握りしかいません。僕は正直、自分が40歳になってマウンドに上がっている姿を今、想像することはできませんが、1日1日、1試合1試合を積み重ねながら、少しでもその領域に近付けるように頑張っていきたいと思います。

 そしてもう1人、僕が刺激を受けている先輩がいます。昨年まで沖縄で一緒に自主トレをしていた楽天の青山(浩二)さんです。3歳年上の青さんが活躍する姿を見ると、僕もまだまだ負けていられません。もうひと花咲かせるために、マウンドでアピールし続けていきます。(田澤純一 / Junichi Tazawa)