女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」で監督を務める小花利文氏

 今や野球は性別問わず、誰にでもプレー機会があるスポーツとなった。特に女子野球の分野は発展途上でまだまだ伸びしろがある。今回、女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」などの監督として奮闘する小花利文氏に話を聞いた。

 小花氏は神奈川県大和市出身。小学3年生から野球を始め、最初はプロ野球選手になることを目指していた少年だった。高校は地元・大和高校に進学して主に二遊間を守り、時には投手も務める万能選手としてプレー。その後は野球選手として区切りをつけ、日本体育大学への入学を決めた。

「高校2年生のとき、いつか高校野球の監督になって甲子園に行くことを夢見ていました。元々、後輩に教えることが好きだったので。それなら日体大で体育の教員免許を取って、高校生に野球を教えたかったのです」

 現役当時から既に指導者になることを考えていた小花氏は、希望通り日体大に入学。入学直後、高校で女子ソフトボール部に入っていた先輩と再会する。当時、彼女は日体大の女子野球部におり、以前から小花氏の進路相談にも乗っていた。ここで逆に先輩から女子野球部についての相談を受けることになる。

「先輩から『女子野球部で学生コーチを探しているのだけど、誰かやってくれる人いないかな?』という相談をされました。そのとき自分は『それなら俺がやろうか?』とノリで答えたのですが、気がついたら本当に自分がコーチをする雰囲気になっていました」

 当時の日体大女子野球部は日本一にも輝いた実績をもつ強豪チームだった。そこで小花氏は実際に練習を見に行くことに。そこではわずか週3、4日の練習のみで選手自身のライフスタイルを守りながら、日本一になった選手たちの姿があった。それまで小花氏にとって、部活は厳しい環境で毎日練習するものだと考えており、女子野球部の見学は今までの価値観を壊す出来事だったと振り返る。

小花氏の言う「女子野球の世界ではいけない行為」とは…?

「ノリでコーチになりましたが、コーチになろうと思った1番の理由は指導者の勉強ができることです。『高校野球の監督になるにあたって4年間、自己投資のためにコーチになる』こんないい話は他にないです。高校の先輩もいましたし、環境もよいので女子野球部に行くしかないと思いました」

 こうして小花氏は日体大女子野球部の学生コーチとして指導者の道を歩み出した。入学直後の4月から学生コーチとなった小花氏。わずか1か月で指導者としての壁にぶつかることになる。ある日の試合中、右翼手として先発した選手が1回表の守備が終わった後、肩の不調を訴えて交代することになった。これを受けて小花氏は代わりに出場する選手に対してその理由を告げた。しかし、この行為がチーム内に不穏な空気をもたらすことになってしまう。

「交代理由を他の選手に伝えることは何も問題がないように思いますが、女子野球の世界ではいけない行為だったのです。選手本人は周囲に弱みを見せたくなかったのだと思います。でも、この出来事のおかげで気遣いの大切さを学ぶことができました」

 当初は男女の考え方の違いに苦しんだが、この経験があったからこそ小花氏の意識が変わり、同時に監督からも指導者としてのイロハを学ぶこともできた。監督は8年間で6度の日本一という実績があり、選手からの信頼も厚い人物だった。小花氏が監督からの教えの1つに「監督・コーチがまとまっていく大切さ」を挙げた。指導者が一体になっていれば、たとえ途中で人が入れ替わっても指導者の間で常に意見交換ができていれば、選手の小さな変化に気づくことができ、プラスの言葉をかけることができるという。

 こうして、指導者として成長した小花氏にまたしても試練が訪れる。監督が突然、部を離れることになり、小花氏が監督に昇格することになった。

「自分が監督になったときは当時、チームは5年連続日本一だったので、伝統を守らなければいけないという大きなプレッシャーがありました。決まったからやるしかない。とにかく必死になってチームをまとめて戦うしかないと思っていました」

 急な監督就任となったが、プレッシャーと戦いながら選手をまとめていく日々が続く。大会直前合宿にはチームが分裂するなど問題もあったが、前監督の教えを守りながらチームは順調に勝ち続け、チームは7年連続日本一を達成した。有終の美を飾って女子野球部での指導を終えたこともあり、小花氏は安堵の表情で当時を振り返る。

「東京アンビシャス」設立は「女子野球を普及・発展させること」「次世代を担う若手選手の育成」「地域・社会貢献」のため

「こうして振り返ると指導者としての第一歩が女子野球でよかったと思います」と笑顔で語る小花氏。現在は女子野球軟式チームの監督を務め、大学と社会人のチームを兼任するなど、独自路線で活動を続けている。

 小花氏は日体大卒業後、ソフトボールの実業団チームから監督就任のオファーを受ける。それまではチームは勝ち知らずだったが、小花氏が新監督となって5戦目で初勝利を挙げる。こうして弱小チームの改革に取り組んでいく中で、一時期はソフトの日本代表監督になることも考えたというが、再び女子野球の世界に戻ることになる。

「きっかけは京都で開催された女子野球の大会『ジャパンカップ』を観戦したことにあります。この大会には教え子が出ていて先輩後輩対決が見たかった。実際に見てみると純粋に『女子野球って面白い』と思いました」

 ちょうどこの頃、女子プロ野球リーグの誕生と同時にソフトボールが五輪競技から外されることが決まっていた時期だった。本人にとって経験的にソフトよりも女子野球の指導をするほうが得意と感じていたこともあり、この想いと現状が決断を後押しした。

 女子野球に戻った小花氏は女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」を立ち上げた。男子で例えるなら東京アンビシャスは社会人軟式チームだ。チームを立ち上げた目的として「女子野球を普及・発展させること」「次世代を担う若手選手の育成」「地域・社会貢献」の3つがある。選手集めは日体大の教え子に声をかけ、3日間で20人の選手が集まったという。現在、チームは関東女子軟式野球連盟2部に所属し、1部昇格と全国大会優勝を目指して練習を続けている。

「東京アンビシャスは先ほど挙げた3つの目的の元で活動しています。いずれは日本代表を輩出できるようにしたいですね」

 また、小花氏は東京アンビシャスだけではなく、早稲田大学女子軟式野球サークル(通称:WASEBI)の監督も兼任している。そのきっかけは、早大の選手が練習不足を理由に東京アンビシャスの練習に参加したことだという。その後、小花氏は「WASEBI」からも監督オファーが届き、大学女子軟式野球の世界に復帰することになった。

「実はWASEBIからは2度、監督就任オファーがありました。1度は断ったのですが、再度依頼が来た時、監督が兼任できる可能性を考えてみました。公式戦が被らないということもあり、東京アンビシャスの監督を優先という条件で引き受けたのです」

「軟式野球リーグ全体が一体となり野球チームを普及していくことが必要」

 そして、大学と社会人、2つのカテゴリーで監督を務めることになった小花氏。兼任することは難しいことに思えるが、本人はそうとは感じておらず、むしろ楽しんでいるようだ。「2チームの監督をすることで自分が目指す理想的な指導法を見つけることができました」と手ごたえを感じている。

 現在「WASEBI」ではクラウドファンディングを通じて早稲田大学野球部伝統のユニフォームをつくるために資金集めを行っている。選手が着用しているユニフォームは一目では早稲田大学と分からないという。その現状もあり、小花氏はクラウドファンディングを行う意義を次のように話した。

「選手達が伝統のユニフォームを着れば、『WASEBI』はもちろん、大学のブランディングにもなります。また、これを着て全国大会に出場すれば早大ブランドを背負うことになるので、選手の自信にもつながります」

 基本的にこのクラウドファンディングは、選手自身に活動を任せているという。小花氏はアドバイスこそするが、SNS運用やユニフォーム店への交渉などはすべて選手が行う。このような形をとるのは「選手が自発的に動かなければ意味がない。また、選手達には支援してくれる人のために頑張るという強い精神力をつけてほしい」という想いがあるからだ。このクラウドファンディングは7月31日が期限となっている。

 女子軟式野球のために日々、奮闘している小花氏。最後に女子軟式野球界の発展に必要なことを聞いた。

「1人でも多く、東京アンビシャスやWASEBIの活動を知る人が増えることで、軟式野球リーグ全体が一体となり野球チームを普及していくことが必要だと思います。私自身も良いものをつくっていくという提案をしていきたいです」

 ここで小花氏が強調したのは「チームが有名になることで周囲に良い影響を与えることができる」ということだった。長年、女子野球に関わってきた小花氏の挑戦はまだまだ続く。すべては女子野球の普及・発展のために。(豊川遼 / Ryo Toyokawa)