降板を告げられると自らの不甲斐ない投球に怒りを爆発、外野にボールを投げつける

■ロイヤルズ 9-6 インディアンス(日本時間29日・カンザスシティ)

 インディアンスのトレバー・バウアー投手が28日(日本時間29日)、敵地ロイヤルズ戦に先発し4回1/3、9安打8失点(自責7)で今季8敗目を喫した。5回に4点を失い降板となった右腕は怒りを爆発させ外野スタンドにボールを投げつける“失態”を演じ試合後に謝罪する事態となった。

 逆転を許した自らの投球に怒りが爆発した。インディアンス2点リードの5回。先発バウアーは連打と四球で無死満塁のピンチを背負うとオハーン、カスバートに連続適時打を浴び同点。さらに1死満塁からロペスに中前2点タイムリーを浴び逆転を許し降板となった。

 だが、フランコーナ監督が交代を告げるためベンチを出ると、バウアーは持っていたボールを怒りのあまりバックスクリーンへ大遠投。自らの不甲斐ない投球の八つ当たりをボールにぶつけてしまった。

 MLB公式サイトは「降板前にバウアーが外野フェンスの方にボールを投げる」と見出しを付け、バウアーの“失態”を動画を添え伝えた。記事では自らのパフォーマンスに向けた怒りだったことに言及し「フランコーナ監督に向けたものではないと示していた」と紹介している。

 バウアーは試合後に自らの行為を詫び「チームメート、コーチ、球団、ファンに謝罪します。子供のような、プロらしくない行いでした。あのようなことは許されません。誰にも怪我がなくて良かったです。人を危険な目にあわせたことに気づきました」と謝罪。

 感情を抑えることができずチームも敗戦。我に返った右腕は「今日は人として、プロとして、本当に彼らを失望させたと感じています。僕は闘争心が強く、プレーにおいてはそれが役立っていますが、今日は良くない形で出てしまいました。反省しています。もう二度とこのようなことはしません」と猛省している様子だった。(Full-Count編集部)