21日現在で打率.324、18本塁打、77打点、29盗塁

 大谷翔平の活躍で野手と投手を兼任する“二刀流”が俄然注目を集めているが、古くは川上哲治や西沢通夫、関根潤三、そして先日大谷の10勝・10本塁打で話題となった、MLBのベーブ・ルースもそうした選手の代表格だ。

 また、アマチュア時代に投手を経験してプロ入り後に野手へ転向した例については、枚挙に暇がない。王貞治、秋山幸二、イチロー、松井稼頭央、金城龍彦、中田翔、堂林翔太など、幾多の名選手が同様なルートを通って活躍している。

 プロ野球通算最多の400勝を挙げて38本の本塁打を記録した金田正一や、通算2位の350勝を挙げて33本塁打を放った米田哲也の例を挙げるまでもなく、投手でも非凡な打撃センスを持った選手は数多くいる。

 しかし、プロ入り後に投手で複数年在籍し、その後打者へ転向して長く活躍できた選手はそれほど多くない。近年では、愛甲猛、仁村徹、石井琢朗、吉岡雄二、福浦和也、そして今年その打棒が開花したヤクルトの雄平らが、代表的な例と言えるだろうか。

 そして、その代表格といえるのがオリックス・バファローズの糸井嘉男だ。

 糸井は2003年のドラフトで日本ハムに自由獲得枠で指名され、投手として入団した。2年間投手として投げ続けたものの、1軍での登板機会を得ることができず2年目のオフに打者へ転身。2008年から徐々に外野手として出場機会を得るようになると、2009年には打撃が開花し、打率.306を記録。本塁打も15本、24盗塁と抜群の成績を残した。

 投手出身ゆえに肩が強く、俊足を生かした守備範囲の広さも相まって、近年まれに見る“5ツールプレーヤー”として一気に注目が集まった。2008年から5年連続で打率3割をクリアし、オリックスへ移籍した昨年はキャリアハイとなる17本塁打、33盗塁を記録するなど、さらなる真価を見せている。

 今季は膝の痛みに苦しめられているが、21日現在で打率.324、18本塁打、77打点、29盗塁と、いずれも昨年を上回るペースで打撃成績を残している。

 その糸井について、スポーツコメンテーターの飯田哲也氏に解説してもらった。

「トリプルスリーを狙って欲しい」

「今季の糸井は怪我で苦しんでいますが、チームリーダーとして休めないので、無理して出場している側面もあると思います。ここは難しいところですが、優勝争いを続けているのは得がたい経験ですし、上手くバランスを取りながらやって欲しいですね。

 どちらにしても、糸井はいい年齢(今年33歳)になっていますから、怪我を悪化させるとそこからパフォーマンスは落ちていく一方なので、オフはしっかり休みながら、怪我をしない体を取り戻すことが必要になると思います」

 優勝争いを続けるオリックスにとって、糸井が欠かせない存在なのは間違いない。飯田氏は続ける。

「トリプルスリー(3割30本30盗塁)を狙って欲しいです。過去8人しか経験したことのないトリプルスリーは、バッターとして最高峰の目標です。糸井はそこを目指すことのできる、限られた僅かな選手の1人ですし、貪欲に狙っていって欲しいですね。

 選手としての評価は、トップレベルです。文句の付けようがありません。打つにしろ守るにしろ、本当に素晴らしいです。だからこそ、大記録を狙って欲しいですし、さらにスケールアップした糸井を見たいですね」

 投手として入団し、プロ入り後に打者転向した選手がトリプルスリーを達成する。糸井ならば、そんな夢物語を実現できるかもしれない。

飯田哲也プロフィール
スポーツコメンテーター。1968年東京都出身。1987年に捕手としてヤクルトスワローズに入団、主に外野手としてヤクルトの1番バッターを長く務めた。2005年からは2年間楽天イーグルスに在籍。2006年に現役を引退すると、古巣ヤクルトで2013年まで守備・走塁コーチを務めた。
飯田哲也オフィシャルブログ