DeNAはソトのキング単独トップ34号2ランで同点、今永がハーラー単独トップ13勝目

 セ・リーグは1日、各地で3試合を行い、阪神、DeNA、ヤクルトがそれぞれ勝利した。

 阪神は本拠地・甲子園で巨人に2-0で勝利し2連勝。4回にマルテの内野ゴロの間に1点を先制すると、5回には近本が適時三塁打を放って1点を追加した。このリードを先発の岩貞が6回無失点の好投で守り今季2勝目。リリーフ陣も無失点リレーで繋いで逃げ切った。巨人は零封負けを喫して優勝へのマジックが消滅した。

 DeNAは敵地マツダスタジアムで広島に3-2で逆転勝ちした。2点を先行されたが、6回にソトが34号2ランを放ち同点に追いつくと、柴田の犠飛で勝ち越しに成功。このリードを先発の今永が8回途中2失点の力投で守り、ハーラー単独トップ13勝目。その後を国吉、エスコバー、山崎のリレーで逃げ切った。巨人が敗れたため、DeNAの自力Vの可能性が復活した。広島は3カード連続の負け越し。先発の薮田は6回の1イニングに泣いた。

 ヤクルトは敵地ナゴヤドームで中日と戦い、3-1で逃げ切った。初回にバレンティンの2点適時打で先制すると、7回には相手バッテリーのミスで追加点を貰った。先発のスアレスは4回途中、アクシデントで降板するまで1失点。緊急降板となったが、高梨、石山、坂本、梅野、マクガフのリレーでリードを守った。中日は大野雄が7回3失点と力投も打線が援護できなかった。

→1 巨人 122試合68勝52敗2分 –
→2 DeNA 125試合65勝57敗3分 4.0
→3 広島 126試合62勝61敗3分 3.5
→4 阪神 123試合57勝60敗6分 2.0
→5 中日 121試合54勝65敗2分 4.0
→6 ヤクルト 125試合50勝73敗6分 6.0(Full-Count編集部)